SKY-HI / Marble

SANABAGUN. / We in the street【music video】

【第982回】『フランシス・ハ』(ノア・バームバック/2012)


 ニューヨーク・ブルックリン、流行の発信地とも呼ばれる街に暮らす27歳のフランシス(グレタ・ガーウィグ)は、プロのモダン・ダンサーを目指し、修行の日々を送っていた。家賃の高い一等地にルーム・シェアするのは親友で編集者見習いのソフィー(ミッキー・サムナー)。朝から太極拳でじゃれ合い、「飼い犬は食べない」と冗談を交わす2人は理想の友人関係を構築していた。「猫と俺と住もう」というボーイフレンドからの言葉に首を横に振ったフランシスとソフィーの姿は、まるで若年性のレズビアン・カップルのようにも見える。そんな平和なある日、突然ソフィーはマンハッタンのトライベッカでリサとルーム・シェアするからと宣言し、部屋を出て行ってしまった。住処をなくし、途方に暮れたフランシスは友人たちの間を転々とする中で、周囲の成長に焦りを覚え、自分の人生について見つめ直していく。『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』で初めての起用となったグレタ・ガーウィグを再度ヒロインに据えた日常の物語。ヌーヴェルヴァーグのような自然主義、低予算と手持ちカメラの使用、ロケーション主体の撮影スタイル、現代口語的な日常の会話劇はまさに「マンブルコア」映画の様相を呈す。

 ノア・バームバックの映画では住居の移動が精神的影響を伴い、その度に主人公の成長を促した。『イカとクジラ』では母親ジョーン(ローラ・リニー)との不和によりバーナード(ジェフ・ダニエルズ)は今の家から5駅先に仮住まいを設け、兄弟はその間を行ったり来たりした。『マーゴット・ウェディング』や『ベン・スティラー 人生は最悪だ!』では、止むを得ぬ理由からかつての生家に戻った主人公たちマーゴット(ニコール・キッドマン)やロジャー(ベン・スティラー)に自分自身の闇と向き合い、成長を促す。今作においてもソフィーとの安全地帯に逃げ込み、平穏に暮らすフランシスは突如住処を失い、途方に暮れる。恋人の代わりに、親友を選んだヒロインの悲哀、長年追ってきたモダン・ダンサーという夢の挫折。チャイナタウンの男友達の家に身を寄せていたヒロインの焦燥感は、クリスマスにサクラメントの両親の元に帰っても治らず、しまいには貯金を切り崩し、大見栄を張ってパリへ飛ぶ。途中、銀行に走るフランシスの裏ではフランソワ・トリュフォーの59年作『大人は判ってくれない』の「L'Ecole Buissoniere」の印象的なフレーズが流れる。モノクロ映像に包まれた青春群像劇、LAでもパリでも東京でもない生粋のニューヨーカーたちの青春の光と影。ラストのDavid Bowieの『Modern Love』に思わず涙腺が緩む。

DMA'S - Dawning (Official Video)