【第654回】『戦慄の絆』(デヴィッド・クローネンバーグ/2015)


 1954年カナダ・トロント、街頭で遊ぶ少年たちを尻目に、透明なメガネをかけ、お揃いの服に身を包んだ双子の兄弟は何故人間がセックスするのかについて話し合っていた。魚は水中で卵を産むが人間は陸上にいるから性行をするのだと言いながら、2人は家の前に住む1人の少女に水中でセックスをしないかと声を掛けるが、激怒した少女にパパに言いつけるからと言われる。それから13年後のマサチューセッツ州にあるケンブリッジ大学、人体模型をサンプルに手術を始めた2人は、お手製の手術器具を勝手に用いたことを教授に怒られる。だが純金で出来たマントル開発器はその後の産婦人科医療を変えるような革命的な器具であり、在学中から2人は巨万の富を得て、産婦人科医への道が開かれる。それから21年後の1988年の生まれ故郷カナダ・トロント、マントル・クリニックを開業しているエリオット・マントルとビヴァリー・マントル(ジェレミー・アイアンズの一人二役)の兄弟は一卵性双生児であり、生まれた時から産婦人科医を開業するまで、まさに一心同体とも呼ぶべき活動を続けていた。2人は容姿こそ瓜二つであるが、性格は兄のエリオットが社交的な野心家であり、弟のビヴァリーはどちらかというと内気で繊細な職人気質と正反対だった。

 2人が手掛けた産婦人科は医師としてのテクニックからトロントを代表する人気のクリニックであり、噂を聞きつけた女優クレア・ニヴォー(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)がある日、お忍びで診療にやって来る。患者である女優クレアの子宮は驚くことに体内で3つの小部屋に分かれていた。お忍びで不妊の治療に駆け込んだ女の身体は数万人に1人の奇形を有しており、クレアは女失格の烙印を押された気分になり、深く絶望する。奥手で引っ込み思案なビヴァリーの代わりに、彼女への絶望の宣告(不妊)をエリオットが告げるが、ヒロインの女は不安定な気分のまま、エリオットと一夜を共にする。翌日、兄のエリオットにけしかけられ、クレアのもとを訪ねたビヴァリーは突然彼女に抱きつかれる。彼女は兄弟が一卵性双生児であることを知らず、昨日のエリオットと今日のビヴァリーを同一人物と思っている。自分の乱れた過去を懺悔し、奥手なビヴァリーに愛を教えるクレア。このことは幼い頃から何もかも共有し楽しんできた兄弟にとって、初めての2人だけの秘密となる。見た目は瓜二つだが、性格は対照的な2人はセックスもまるで違う。クレアは優しい男の二重性に不安を抱いているが、その不安が的中するような驚きの事実を友人に聞かされる。激怒してビヴァリーのもとを去るクレアだったが、この後彼の精神状態は徐々に蝕まれ、薬に依存する現実逃避が始まる。

 今作のモチーフはマルクス兄弟のショッキングな実話を元にしている。スチュワートとシリルのマルクス兄弟はニューヨークの同じ診療所で働く優秀な産婦人科医だったが、ある日、ニューヨークの東63番街のアパートのゴミの山の中から、折り重なった腐乱死体として発見される。死因は麻薬を絶ったことから来るショック死だった。監督であるクローネンバーグはこのパルプ・フィクションに魅了され、一卵性双生児の兄弟と子供を産めない女との三角関係の物語を紡ぐ。ビヴァリーはエリオットの背中を見て育ち、社交的な兄の影になろうと努めて来たが、運命の女優クレア・ニヴォーに出会ってしまったところで、急に彼の抑えていた自我が目覚める。エリオットの医学会の記念式典で酔っ払ったビヴァリーがマイクを奪い、彼の制止を遮り、演説する様子はビヴァリーの隠れていた自我を明らかにする。だがローソン教授に取り入り、飄々と准教授の座を手に入れ、将来安泰の兄を尻目に、弟の精神の均衡は脆くも崩れてゆく。そして皮肉にも弟の顔から生気が消える頃になると、今度は完全無欠だった兄エリオットの神経にも徐々に不安が生じる。肉体の内面へのフェティッシュな侵食という得意なモチーフを扱いつつも、肉体への侵犯ではなく、精神の不均衡を描いた今作を境にして、クローネンバーグの作風は肉体から精神世界へと変容を始める。本来ならば手術医の衣装は水色や白色だが、あえて真っ赤な血の赤色で纏められたオペ室の奇妙な色彩、純金で塗り固められた器具に対し、どこまでも殺風景なマントル・クリニックや自宅のインテリア・デザイン。ラストに折り重なる2人の死をクローネンバーグはムダ死にではなく、実存主義的な真に美しい男同士の死として結んでいる。

【第97回】『マップ・トゥ・ザ・スターズ』(デヴィッド・クローネンバーグ/2014)


今生きている監督のうち、JLGやイーストウッドが最も高みに立つ人物だとして
そのJLGとイーストウッドのちょうど真ん中にいる人物を想像してみるとする。

人によってはウディ・アレンかもしれないし、スピルバーグかもしれない。
あるいはスコリモフスキやアッバス・キアロスタミかもしれないが、
私はその問いかけの答えはデヴィッド・クローネンバーグだと長年信じて来た。

『スキャナーズ』や『ヒストリー・オブ・バイオレンス』のようなアクションも出来れば
『戦慄の絆』のような心理サスペンスも出来、
時に『エム・バタフライ』や『スパイダー』のような変わり種もこなしてしまう。

その中で私が最も偏愛するのが『クラッシュ』である。
車の衝突の瞬間にしか性的興奮を感じることの出来ない男女の
インモラルな関係を描いたラブ・ストーリーで折に触れて観る1本だ。

カナダ時代の味わい深い小品からやがて傑作『スキャナーズ』をモノにし、
そこからまさに一つの到達点と評したい『ヒストリー・オブ・バイオレンス』まで
25年の月日を多くの素晴らしいフィルモグラフィで埋め尽くして来たクローネンバーグが
2010年代以降の『危険なメソッド』や『‎‎コズモポリス』では
どういうわけか停滞してしまっているように感じて仕方ない。

そんな中登場した最新作であるが、これがさっぱりよくわからなかった。

映画はやけどを負った1人の少女が、ロサンゼルスにやって来るところから始まる。
彼女には天才子役とされながら薬物依存に苦しむ弟と
有名な心理学者の父親とステージママの母親がいる。

この家族の物語を軸に、
彼女を雑用係として雇うことになる有名女優のジュリアン・ムーアと
リムジンの運転手で駆け出しの俳優兼脚本家のロバート・パティンソンが
この家族関係にしっかり絡んでいく。

最初は映画作りの内幕を描いた物語なのかと思いきや、実際はそうではない。
家族の物語かと思えば、そんなこともない。

要はどのジャンル映画にも属さない良く言えば自由なスタンスの作品である。
悪く言えば非常に難解で哲学的な映画だとも言える。
クライマックスのあたりは若干サスペンスの要素も感じるが、
明確に線引き出来る要素はどこにもない。

この家族とムーアとパティンソンによる
狂気と混沌のパワー・バランスの映画だとも言えるのだが、
肝心のパワー・バランスの押しと引きが、映画の外側で絶えず行われてしまったのが勿体ない。

代役が決まって喜ぶジュリアン・ムーアの姿は描かれるが、
肝心の映画へ連なる痕跡がどこにもない。

またこの映画が異様なのは、
クローネンバーグお得意のエスタブリッシング・ショットが一つもないことで
ほとんどの構図がウエストショットあるいはバストショットを選択しているのである。

これが個人的にはさっぱりわからなかった一番の要因になっている。
冒頭、リムジンではない車が出て来るのだが、
カメラは右側から前座席を撮り、続いて後部座席を撮り、それらを編集で繋げていて
外から車体を映したショットが一つも出て来ない。

場面転換に関しても、
ある程度のロング・ショットやエスタブリッシング・ショットを挿入することで
ショット間のリズムを作るのかと思いきや、
いきなり別の場所から別の場所への唐突なショットの繫ぎがあり、
脈絡を理解させ、映画のリズムを体感させてくれない。

まともなロング・ショットはあのハリウッドサインをバックに
ミア・ワシコウスカとロバート・パティンソンが佇んだ場面と
ラスト前の屋敷の中から揺れる車を見ていた場面のみである。

ビバリー・ヒルズという場所の描き方に関しては、かつてないほど貧相で
アメリカで撮ろうがカナダで撮ろうがまったく大差ない
非常に勿体ないロケーションの使い方をしている。

『危険なメソッド』が失敗作だと思うのは、
心理的な台詞による三角関係の心の揺れをあえて静的なショットで処理したからであり、
その意味で言うと、今作も構図やショットのサイズが明らかに間違えているようにしか思えない。

あえて外してみたのか?それとも真面目に外してしまったのかはわからないが
自分が長年好きだったクローネンバーグ映画とは随分かけ離れてしまった印象がある。

内側へと向かった狂気が、やがて外側に爆発することから来る
有名セレブ一家の没落なら古今東西幾らでも例があるのだが、
この映画の中の殺人はまるで意味のない空回りしたひとりよがりの狂気ではないか?

クローネンバーグの演出力は随分落ちてしまったが、
ジュリアン・ムーアの怪演ぶりは相当素晴らしい。
ジーナ・ローランズとはまたひと味違う腹の括り方で振り切れた演技を見せている。

また家族の父親で心理学者を演じたジョン・キューザックの狂気を宿した演技も
相変わらず素晴らしかった。この人は80年代後半から一貫して素晴らしい役者だと思う。

『コズモポリス』を安っぽくした戦犯とも言えるロバート・パティンソンの続投は
幾らかクエスチョン・マークが付いたが、役者陣はそれなりに悪くない。

問題はクローネンバーグの力量のみで、それがただただ心配でならない。
昨年最も評価に困り、困惑させられた1本である。

このカテゴリーに該当する記事はありません。