【第801回】『美女と野獣』(クリストフ・ガンズ/2014)


 フランスの片田舎、ベッドに座る娘と息子に絵本を読み聞かせる若い母親の姿。本のページを開くと、てんとう虫が現れるが、母親は子供たちに「ねがいごとをしたか」確認し、てんとう虫の背中にゆっくりと息を吹きかける。最愛の妻を亡くし、男手一つで3人の娘と息子たちを育てた裕福な父親(アンドレ・デュソリエ)はマーメイド号やトリトン号など計3隻の船を持つ港町の名士的存在だった。しかしある日の航海の帰り道、嵐と高波に呑まれたことで3隻の船は転覆し、全ての財産が地中深くに水没する。それから1ヵ月後、一家は破産を迎え、裕福な家族だった一家は田舎町のボロ屋へと引っ越す。名士だった一家の没落を街の人々は嘲笑う。裕福な暮らしに慣れた双子の姉、アンヌ(オードレイ・ラミー)とクロチルド(サラ・ジロドー)は手狭な部屋での貧乏な生活が受け入れられない。だが末娘のベル(レア・セドゥ)だけは家族勢揃いの束の間の生活に幸せを感じていた。一ヵ月後、父親のマーメイド号が引き上げられたという報せを受け、兄弟たちは色めき立つが、借金をしたかつての部下ペルデュカス(エドゥアルド・ノリエガ)に船ごと差し押さえられ、父親は船体に近付くことさえも許されなかった。大雨の夜、失意のどん底にある父親は森の中に迷い込み、雪に足を取られた馬は骨折する。安楽死させる猟銃も持ち合わせていない父親はやがて迷宮のような屋敷に迷い込み、ベルのことを考えながらバラの花を摘んでしまったことで悪魔の契りを結ばされる。

 1週間の猶予がたった24時間だったり、白いバラの赤いバラへの変更など細かい改変はあるものの、前半45分の展開は1946年のジャン・コクトー版『美女と野獣』の世界観を見事に踏襲している。しかしジャン・コクトー版の重要なキャラクターだったアヴナンは出て来ない。映画は父親に摘まれてしまった赤いバラと引き換えに、末娘のベルが家族の皆殺しを免除される代わりに、自らが犠牲になろうとする。2人の姉が冷ややかに事態を見つめるのは同じだが、安楽死寸前だった父親の馬が包帯を巻かれ回復し、彼女をこの世とあの世の境目にある野獣の宮殿へと導いて行く。ジャン・コクトー版ではヒロインの聡明な態度に、哀れを感じさせる野獣はただただオロオロするばかりだったが、女性上位時代となる21世紀のフランス映画では美女と野獣とが口喧嘩し、対等に張り合う。ベルは内心、野獣の風貌に恐怖を抱きながらも、ジャン・コクトー版のように卒倒して倒れることはない。金色に輝く鹿に導かれ、森の中を追いかけるベルの様子は、さながらスタジオ・ジブリの宮崎駿のアニメのヒロインによく似た既視感を覚える。冒頭、自分を生んですぐに亡くなった母親の石像に話しかけるベルの姿に呼応するかのように、金色のシカは散り行くバラで敷き詰められた道の先で、胸を射抜かれた美しい石像に出会う。

 微睡みの中、夢現つに入ったヒロインはそこで野獣の悲しい過去に触れる。今作の最大の旨味はジャン・コクトー版でも原作小説でも一切触れられていない野獣の過去にフォーカスしている点に尽きる。スピルバーグやティム・バートンのダーク・ファンタジーの世界観を踏襲したクライマックス、幾分ファニーなタドゥムたちのファンタジー描写、アヴナンの代わりに強引に物語に割って入るペルデュカスとその恋人のタロット占い師の描写が、大きな障害として美女と野獣の前に横たわる。クライマックスは三隅研次の『大魔神怒る』を彷彿とさせるが、21世紀のイマジネーションではほとんど『進撃の巨人』と等価にあると言っていい。最愛の妻を金色の矢で失った野獣は、同じように金色の矢で命を奪われるが、そこへ奇跡のような救いの手が差し伸べられる。ヒロインが夢現つで見た夢は、最初のヒロインが見た夢と同化し、石像の強い思いを具現化する形でラストへと向かう。今作で白眉なのは、純粋無垢なヒロインを演じたレア・セドゥの全身全霊の演技に違いない。今作でのレア・セドゥとヴァンサン・カッセルの共演が、この後グザヴィエ・ドランの『たかが世界の終わり』へ繋がったのは云うまでもない。ジャン・コクトー版に敬意を評しながら、健全なディズニー映画とは違うフランス映画らしいラストを紡ぐ21世紀版レア・セドゥの『美女と野獣』の斬新な解釈に違いない。

【第642回】『誘拐犯』(クリストファー・マッカリー/2000)


 ロングボー(ベニチオ・デル・トロ)とパーカー(ライアン・フィリップ)の凸凹コンビは、アメリカ社会から爪弾きにされ、悪の限りを繰り返していた。将来の希望も未来への意欲もないまま悪に染まり続ける男たちは放浪の旅を続けていた。メキシコ国境沿いの街で旅の資金が尽きた2人は精子バンクへの登録を思いつく。動揺したパーカーはホモ・セクシュアルを揶揄した医師の言葉が気に入らない。ロングボーも人相から犯罪の類を疑われるが、人は殺していないと嘯く。マッカリーは全てを語らないが、導入場面には彼らの同性愛の関係が暗喩されている。エロ本を読みながら射精の瞬間をイメージしていた2人の耳元に、美味しい儲け話が舞い込む。巨額な報酬で雇われ、護衛までつけた「代理母」の存在。富豪の夫から大金をせしめようと男たちは臨月間近の妊婦の誘拐を計画する。流れ者の2人に降って湧いたような美味しい儲け話。探偵に内部調査をさせる事なく、欲望に忠実に動く短絡的な2人の運命は最初から破綻していると言っていい。代理母ロビン(ジュリエット・ルイス)が身重の身体を携えて産婦人科へ通院してくるのを待ち伏せると、ジェファーズ(テイ・ディグス)とオベックス(ニッキー・カット)という2人の屈強な警備に厳重に守られるロビンの誘拐を決行する。ストッキングを被ったパーカーが警備員の虚を突き、ロビンを誘拐する計画だったが、彼ら2人は単なる警備員とは思えないしつこさで2人を威嚇する。

 ロビンは何故、すんなりとエレベーターに乗り、屋上へ向かわなかったのか?それはヘイル・チダック(スコット・ウィルソン)の代理母だと誰もが思っていた赤ん坊の父親が、チダックの実の息子であるアレン・ペインター医師(ディラン・カスマン)の子供だからに他ならない。チダックの妻であるフランチェスカ(クリスティン・リーマン)の子宮は不妊状態にあり、大富豪の夫であるチダックは代理出産で手を打とうとする。子供を生めるロビンと生めないフランチェスカの絶望的な対比。そして実の父親を欺き続ける息子は今日までその事実を父には告げられずにいた。愛憎入り乱れたチダック家の当主が実は裏社会の大物であるとわかった時、短絡的なロングボーとパーカーの運命は暗転する。かくして1500万ドルの身代金を要求したチンピラ2人組に対し、マフィアのフィクサーであるチダックは古馴染みの「問題解決係」ジョー・サーノ(ジェームズ・カーン)を呼び寄せ、犯人との交渉、身代金の運搬を一任する。マフィアの命を受けて暗躍するのはジョー・サーノとその弟分アブナー・マーサー(ジェフリー・ルイス)の狡猾な殺し屋コンビに他ならない。代理母ロビン(ジュリエット・ルイス)の父親でイーストウッド映画の常連俳優だったジェフリー・ルイスは当初、自分の生涯にピリオドを打とうとこめかみに銃口を充てるが、兄貴分であるジョー・サーノの電話が決意を保留させる。

 メキシコ国境の町サルシプエデスにある「NACIO NADRESS」という名のうらぶれたモーテル。ここで誘拐犯のロングポーと殺し屋ジョーの間に芽生える男同士の友情が心地良い。ジェファーズは最初からチダックの正妻であるフランチェスカと出来ていて、代理母ロビンから男の子の赤ん坊だけを連れ帰るよう命令される。誘拐犯、代理母の護衛、そしてジョーとアブナーの3つ巴の関係がクライマックスで火を噴く様子はタランティーノ『レザボア・ドッグス』からブライアン・シンガー『ユージュアル・サスペクツ』へ連なるいわゆる「サンダンス系映画」の模範的な脚本となる。クライマックスのホテルでの銃撃戦は真っ先にジョージ・ロイ・ヒルの『明日に向って撃て!』を彷彿とさせる。大口径のアサルトライフルでぶちかますジェームズ・カーンの復讐戦は『ザ・クラッカー/真夜中のアウトロー』のフランクを想起させる。

 全員を躊躇なく殺す殺し屋たちも、代理母ロビンの帝王切開の現場はまったく直視出来ない。クライマックスの場面は死にゆく空間と生まれてくる空間とが混在する。それと共に女っ気の無かったロングボーとパーカーの同性愛を匂わす描写は、彼らが最初から祖先を作ることから切り離された侘しさに覆われる。生まれて来る生を媒介にし、金に目が眩み翻弄された男たちは、生きるか死ぬかの過酷な争いの中に自ら進んで巻き込まれる。当初は大金を奪うためだったロングボーとパーカーの理由は途中から趣を変えていることも忘れてはならない。代理母ロビンがお腹を蹴った赤ん坊を触らせようとパーカーに嗾しかけ、彼はロビンのお腹を触るが、女として生まれたかったロングボーは不妊症のフランチェスカ同様に、その提案を受け入れることが出来ない。ブライアン・シンガーお抱えの脚本家としてデビューを飾ったクリストファー・マッカリーのデビュー作はいかにも低予算であり、ショット構成はいわゆる「サンダンス系映画」の範疇に収まりつつも、重層的なシナリオは極めて難解で不明瞭である。例えば、アレン・ペインター医師がボルチモアで起こした不祥事の中身は最後まで語られることはないし、クライマックスのジョー・サーノとロビンの視線の交差も真偽の程はわからず、あくまで想像の域を出ない。重層的なプロットを誇る極めてミステリアスな物語は、傑作とは云えないまでも熱を帯びた2000年代初頭の忘れ得ぬ1本である。

【第639回】『アウトロー』(クリストファー・マッカリー/2015)


 アメリカ合衆国ペンシルベニア州ピッツバーグ、アルゲイニー川が広がる都会的な街並みを1台の白いバンが走る。ノース・サイドをゆっくりと下ると、メジャー・リーグのピッツバーグ・パイレーツの本拠地であるPNCパークが姿を現わす。車は立体駐車場の中へ入り、PNCパークの裏側にある川沿いの土地を一望できる場所へ降り立つ。白い半透明カーテン、呼吸を整えた男は散弾銃を構える。照準器で絞られた川沿いの平和な人たち。やがて左側からスーツ姿の女性が歩いて来たのを確認し、男は無差別に辺りにいる人に発砲する。無作為に発射された6発の銃弾、ほんの一瞬の凶行により、5人の尊い命が奪われる。早速エマーソン刑事(デヴィッド・オイェロウォ)たちは現場の実況見分を行う。薬莢と支払いに使われた硬貨、その指紋から元アメリカ陸軍のスナイパー、ジェームズ・バー(ジョセフ・シコラ)が容疑者として浮上する。冒頭のパラレル・モンタージュの正体がジェームズ・バーだったことが明らかになり、彼は逮捕され留置所に送られる。「死刑か終身刑かどちらかを選べ」とエマーソン刑事が話すが、容疑者は一切のダンマリを決め込む。アレックス・ロディン検事(リチャード・ジェンキンス)も見守る中、第1級殺人の嫌疑をかけられた男は「GET JACK REACHER」(ジャック・リーチャーを呼べ)という言葉を刑事に言い残す。

 英国人推理小説家リー・チャイルドのベストセラー小説『ジャック・リーチャー』シリーズの初の映画化。原作では9作目に当たる物語は、イラク出兵時代の同僚の証言により、ジャック・リーチャーの過去が一通り明かされる映画の一発目に相応しい導入部分で幕を開ける。ベルリンの米軍基地で、海兵隊員の父とフランス人の母の間に生まれた男は、その後イラク戦争に出兵し、数々の勲章を持ち帰る。そのキャラクター造形はイラク戦争に4度従軍した『アメリカン・スナイパー』のクリス・カイルを彷彿とさせる。導入部分で無差別殺人をするジェームズ・バーの描写は真っ先に『ダーティハリー』シリーズのサソリと重なる。『ダーティハリー』シリーズの1~3に出演したシリアル・キラーたちは、ベトナム戦争に出兵し、ボロボロの精神状態で本国へ戻った未熟な愛国者達だった。今作でもジェームズ・バーはジャック・リーチャーが話す軍隊に入る理由の4つ目に該当する。1つ目は軍人の家系、2つ目はアメリカの愛国者、3つ目は貧困で特にやることが見つからない人間、そして4つ目は人が殺したくて軍隊に入る人間である。国に残れば正気を保てない人間が、戦場では快楽殺人のターゲットを見つけ放題だがジェームズ・バーにとっては事態は深刻だった。彼は1度も引き金を引くことなく、本国への帰還を命じられる。殺人への衝動が疼いた男は民間兵を殺し、ジャック・リーチャーに目をつけられる。快楽殺人で欲望を満たすシリアル・キラーの再燃。アメリカに潜伏していたかつての英雄は10年前の因縁を片付けるためにピッツバーグの地に降り立つ。

 監督であるクリストファー・マッカリーはトム・クルーズ主演で70年代の『ダーティ・ハリー』シリーズの再現を試みるが、脚本家出身の男だけにジャック・リーチャーには二重三重の罠が待ち構える。流れ者の自由人がどこからともなくやって来て、事件を解決しすぐに立ち去って行く展開は西部劇の現代アレンジだろう。たどり着いた先には美人で堅物の弁護士ヘレン・ロディン(ロザムンド・パイク)がいて、彼女と恋仲になりそうになる展開は『007』シリーズや『ミッション:インポッシブル』の影響は免れないが、ただ一点、ジャック・リーチャーの自由人としての鉄の掟がオリジナリティとなる。アウトロー7カ条として、職には就かず、住居は持たず、身分や居所を明かす物も持たず、人とは絶対につながらず、証拠は信じず、法律よりも自分ルールを重んじ、悪は決して許さない男の行動は刑事や弁護士以上に法の執行人たるアメリカのダーティ・ヒーローとしてのタフガイのイメージを色濃く残す。そのどれもこれもドン・シーゲルとクリント・イーストウッドの師弟コンビの辿った道だが、トム・クルーズは嬉々としてイーサン・ハントとはまったく毛色の違う20世紀的なタフガイのジャック・リーチャーの姿に執着する。『ミッション:インポッシブル』のような心強い味方のいない主人公が、終盤にかけてキャッシュ(ロバート・デュヴァル)を強引に仲間に加える展開が心憎い。今作で現代ハリウッド随一のスターであるクリント・イーストウッドへの尊敬の念を多分に感じさせながらも、イーストウッドが加齢の描写を入れたのに対し、トム・クルーズは51歳になっても、いつまでもあの頃のトム様のままで居続ける。現代ハリウッド究極のアンチ・エイジングを施したトム・クルーズの姿に痺れる1本である。

【第638回】『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』(クリストファー・マッカリー/2015)


 ベラルーシ・ミンスクの草むらの中、ウィリアム・ブラント(ジェレミー・レナー)が無線によりベンジー・ダン(サイモン・ペグ)にプレッシャーをかけると、緊迫した状態のベンジーはプランBからプランCへの変更をブラントに進言する。此の期に及んでの土壇場でのプラン変更。世界中を殺傷する能力を持つ化学兵器「VX神経ガス」を強奪したチェチェンの独立主義者たち、彼らを乗せた飛行機は今にも飛び立とうとしているが、ベンジーの遠隔操作システムはまったく歯が立たない。そこへIMFを離れたはずのルーサー・スティッケル(ヴィング・レイムス)が助けに駆けつける。2人がかりで何とか飛行を阻止しようとあれこれ試みるが、無情にもタイム・リミットは刻一刻と近付いている。そこへ物凄い勢いでイーサン・ハント(トム・クルーズ)が小高い丘を猛スピードで下り、飛行機の屋根によじ登り、ドアの開閉ボタンのロックを解除するようベンジーに指令する。命綱なしのトム・クルーズの上空数1000mへの決死の飛行を捉えたアヴァン・タイトルの素晴らしさ。トム様は52歳になってもアクション・スターしての矜持を見せる。場面は変わってイギリス・ロンドン。閉店間近のレコード店に滑り込んだイーサン・ハントは美人の店員と2,3質問を交わす。美女はThelonious Monk Quartetの『Trinkle, Tinkle』のオリジナル盤をカウンターの下から取ると、「あなたは特別な人なの?」とハントに尋ねる。彼は笑みを作ったまま美女に何も語らない。

 試聴室のターンテーブル、指紋認証をクリアした男は、数日前のベラルーシの事件の詳細を伝え聞く。しかしその会話の主はIMFではなく、謎の犯罪組織「シンジケート」からの罠だと気付くがヒーローには過酷な運命が待ち構える。こうして試聴室のドアはロックされ、イーサン・ハントは真っ白に煙る部屋の中で、不敵な表情を浮かべたソロモン・レーン(ショーン・ハリス)の前で意識を失う。前作『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』同様、完全無敵なはずのイーサン・ハントは敵の罠にいとも簡単に落ち、CIA長官アラン・ハンリー(アレック・ボールドウィン)はイーサンを一切の命令に応じないとし、第一容疑者(重要参考人)として彼の行方を追う。前作同様またしてもIMFの信頼は大きく失墜し、ウィリアム・ブラントはアランの前で煮え湯を飲まされ続ける。IMF解体後を描いた今作では、イーサン・ハントと行動を共にしたかつての仲間たちは道を違える。ルーサー・スティッケルはハントを1人の友人として助けたいと願いながら、CIA長官アランの下についたウィリアム・ブラントを軽蔑し、心底忌み嫌う。だがブラントはブラントでIMF復活の捲土重来のチャンスを虎視眈々と狙う。かつて無敵だったはずのイーサン・ハントが一転して衆人環視システムの罠にはまり、仲間の手を借りなければ袋小路から抜け出せない設定は、革命的だった『ジェイソン・ボーン』シリーズへの目配せが感じられる。

 ベラルーシ・ミンスクで始まった物語の舞台はイギリス・ロンドンを経由し、6ヵ月後キューバ・ハバナへ。その後、オーストリアのウィーンで痛ましい事件が起き、モロッコ・カサブランカへ向かい、クライマックスには再びイギリス・ロンドンへ。世界規模の国境のボーダレス化はスパイ映画のフィジカルな身体を極限にまで高め、アクション・シーンの苛烈なショット構成は『ジェイソン・ボーン』シリーズをも凌ぐ。その中でも特に素晴らしかったのは中盤のオーストリアのウィーンのオペラの場面である。まるでアルフレッド・ヒッチコックのイギリス時代の傑作『暗殺者の家』のクライマックスのような、アルバート・ホールをウィーンのオペラに翻案した名場面。カーテンに刺さるナイフの描写も迫力満点である。英国諜報員たちの静かな心理戦はクリストファー・マッカリーからジョン・ル・カレのスパイ小説への返答のでもある。今作でトム・クルーズ以上の活躍を見せるサイモン・ペグ、ショーン・ハリス、サイモン・マクバーニーらスーツ姿の男たちの躍動はこれまでの『ミッション:インポッシブル』シリーズとは一味違うまるで『007』シリーズのような上品さを醸し出す。トム・クルーズの行方を交えた英国紳士たちの神経戦において、紅一点となるイルサ・ファウスト(レベッカ・ファーガソン)の哀しきヒットマンの造形が素晴らしい。イーサン・ハントとソロモン・レーンの板挟みになる女は、帰るべき場所を知らない哀しい女である。対してイーサン・ハントには心底IMFを愛し、仕えたた仲間たちがいる。クライマックスのイルサの安堵の表情とアンビバレントな哀しみは、ウェルメイドなシリーズものの域を超えて、1人の女の細やかな幸福を仄かに残す。

このカテゴリーに該当する記事はありません。