【第672回】『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(ジョージ・ルーカス/1977)


 記念すべきシリーズ1作目にして、全9部のトリロジーの4本目。公開は新3部作よりも前になったが、ジョージ・ルーカスは今作を撮った時から既に9本の壮大な構想を練っていたという。新3部作では、クワイやオビ=ワンに見出された若きアナキンが、ジェダイ・マスターになるという壮大な予言から始まったが、最後の最後に暗黒面に落ち、ジェダイは皆殺しにされ、オビ=ワンとマスター・ヨーダはしばし地下へと潜る。『シスの復讐』において、アナキンの妻であるアミダラは双子を身籠り、共和国崩壊の最中に生んだ子供が、この旧3部作の主人公となる。『ファントム・メナス』が若き日のアナキンの成長譚だとしたら、今作は若きルークの成長譚そのものである。セリ市でロボットたちを買った若い農夫ルーク(マーク・ハミル)は、偶然R2-D2の映像伝達回路に収められたレーア姫の救いを求めるメッセージを発見し、心を動かされる。他に救助の手を求めるべくルークの許を去ったR2-D2を追ったC-3POとルークは、砂漠の蛮族タスケン・レイダーズに襲われたところをベン・ケノービ(アレックス・ギネス)と名のる老人に助けられる。彼こそ、共和国のジェダィ騎士団の生き残りで、レーア姫がメッセージの中で助けを求めた勇士オビ=ワンだった。

 叙事詩の如き壮大な英雄物語では、しばしば歴史は繰り返される。前作『シスの復讐』において、ラストにアミダラが生んだ2人の子供は、互いを知らないまま別々に育てられるが、何の因果か奇跡のような出会いに導かれていく。この時点でルークも我々観客も、その血族の因果など知る由も無いし、当初はオビ=ワンさえもルークをジェダイの使徒にしようとは考えていなかったはずである。最後に「MAY THE FORCE BE WITH YOU」という言葉を残し、別れたかつての教え子と最後に一戦を交えたきり、オビ=ワンは世捨て人としての生活を送っている。ルークとその両親の彼は変人だからという言葉にも明らかなように、捲土重来のチャンスを伺っていた男にまたとないチャンスがやって来るのである。『ファントム・メナス』におけるアナキンは、奴隷として実の母親と共にこき使われていたが、今作では両親不在のルークは親代わりであるアナキンの母親の親族に引き取られている。タトゥーインの街では地道に農業をやるしか生計を立てる道はなく、ルークもその状況に不満があるにせよ、親代わりの両親に逆らうつもりもない。そんな平安の日々を帝国軍の攻撃がぶち壊す。この場面は明らかにジョン・フォードの『捜索者』へのオマージュ的場面である。

旧3部作でルークの仲間となるのはオビ=ワンとC-3POとR2-D2だけではない。宇宙船調達のため、タトゥーイン惑星の宇宙空港のある街モス・イーズリーで密輸船長ハン・ソロ(ハリソン・フォード)とその右腕チューバッカ(ピーター・メイヒュー)に出会う。クライマックスにはオビ=ワンとダース・ベイダーと成り果てたアナキン・スカイウォーカーとの因縁の再会が待ち構えている。ダース・ベイダーはかつてジェダイの騎士時代の名残りで、フォースを持つ男がいま自分の元へ急接近していることを感じ取るのである。髪も白髪になり、すっかり老いぼれたオビ=ワンは無謀にも、たった一人でダースベイダー討伐へと向かう。ストーム・トルーパーへの変装のアイデアがまさに牧歌的で70年代そのもだと言える。マスクを被れば敵か味方かわからないという安直なオチを用いながら、ルークたちはしたたかに振る舞う。途中、焼却炉に投げ込まれた絶体絶命の場面も、VFXに頼ることが出来なかった70年代の方法論であろう。タコの足に絡まれたルークが、何度も水に引っ張られる場面のSFとは思えない演出がすこぶる良い。結局、宇宙船を降りれば、人間と人間とのアナログな活劇でしかないということを逆手に取り、ジョージ・ルーカスは素晴らしいアイデアで物語を押し進めるのである。

『スター・ウォーズ』シリーズにかつてあって、今は失われたものがあるとしたら、この人物の動きのアナログな活劇的魅力に他ならない。ストーム・トルーパーも人間も、宇宙船を降りればただの人間同士の戦いに終始する。あくまで「特撮」と「VFX」は別物であり、水と油だということを声高に叫ぶ今作のSFとしての魅力は永遠に色褪せることはない。砂漠の上を2台のロボットが歩くということが、インターネットもない時代の僕らにとってどれだけ衝撃的だったかは、当時を体験していない世代にもきっと想像出来る。クライマックスのまったく空間把握の出来ていないSF描写も、この時代の手探りな状況の証明となる。子供心を魅了した永遠に色褪せない不滅の名作である。

【第669回】『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(ジョージ・ルーカス/2005)


 クローン大戦勃発から4年が経過し、戦争は銀河共和国優位の情勢にあった。しかしそんな中、パルパティーン最高議長(イアン・マクダーミド)がコルサントに襲来した独立星系連合軍に捕らえられてしまう。繰り広げられる艦隊戦の中をパルパティーン救出に向かうオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)とアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、パルパティーンが捕らえられている敵の旗艦インビジブル・ハンドに突入し、再びドゥークー伯爵(クリストファー・リー)と対決。新シリーズ3部作の完結編にして、旧シリーズと新シリーズをつなぐ重要な役割も果たす最終編。前作からオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーの不和は誰の目にも明らかだったが、その亀裂がとうとう修復不可能となるまでを描いた悲劇の物語である。アナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)は秘密の恋を続けているが、彼女のお腹の中には赤ん坊がいることがわかる。だがその幸せな知らせも束の間、アナキンはトラウマに満ちた夢に悩まされる。前作でアナキンの心に深い傷を負わせることになった母親の不在が、ここではアミダラの死の予知夢へと昇華され、その一瞬の隙をダークサイドに突かれることになる。

 ジェダイ評議会は非常時大権を盾に、長年権力の座にあり続けるパルパティーンに疑いの目を向けていた。評議会はパルパティーンと親しいアナキンをスパイとして情報を探ろうとするが、アナキンのジェダイ・マスターへの昇格は認めず、アナキンは自身に対する処遇に不満を抱く様になる。アナキンが暗黒面に落ちるきっかけとなる事件だけにもう少し丁寧に描写して欲しかったが、残念ながらここでのやりとりは大味に終始し、要領を得ない。そもそものきっかけはアナキンの予知夢を止めることが出来るというバルバディーンの甘い囁きだったが、幼い頃から長年ジェダイとして銀河共和国に仕えてきたアナキンが、何故暗黒面に興味を持ち、バルバディーンの考えに心酔したのかが、バルバディーンの言動や行動からは今ひとつ伝わらない。アナキンの心の中にある葛藤が善と悪の間で何度も揺れなければドラマチックな場面とはならないが、バルバディーンに随分あっさりと陥落し、暗黒面へとすがってしまったのはやや短絡的にも見える。暗黒面に堕ちたアナキンは、シスとしての名「ダース・ベイダー」を与えられる。

 クライマックスの溶鉱炉の場面は、オビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカー両者の怒りが渦巻き、身動きも取れないほど烈火のごとく燃えている。ここで師弟は初めて互いのライフセーバーを交え殺し合うことになる。新シリーズ3部作ではいつも肝心なところでやられてしまうオビ=ワン・ケノービだったが、幼い訓練生も含めてジェダイを全員虐殺したアナキンが心底許せず、弟子に引導を渡そうと最強の力でアナキンに立ち向かう。ここでのアナキンの目は既にかつての優しかった弟子の目ではなく、ダースベイダーとしての残虐非道な目である。アナキンはパドメ・アミダラの命を救うために自ら暗黒面に落ちたが、当のパドメ・アミダラはそのアナキンの判断が理解し難い。我々観客にとってもさっぱり理解出来ない理由から、オビ=ワンとアナキンは殺し合い、やがてどちらかが致命的な一撃を浴びせる。ラストのアミダラの出産シーンと、致命的な重傷を負ったアナキンの手術シーンの並行描写は、おそらくジョージ・ルーカスが新シリーズ3部作で最も撮りたかった思い入れたっぷりの場面になっている。生の誕生と死の超越とが同時に起こり、後の旧シリーズ三部作につながったのだと思うと実に感慨深い。

【第668回】『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(ジョージ・ルーカス/2002)


 エピソード1より10年後。オビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)と、彼の熟達したジェダイの弟子へと成長したアナキン・スカイウォーカー(ヘイデン・クリステンセン)は、いまや高名な元老院議員となったパドメ・アミダラ(ナタリー・ポートマン)と久々に再会。パドメは暗殺の標的にされているのだが、その謎を突きとめようと、オビ=ワンは銀河の辺境へと旅立つ。そこで出会ったのは、かつては崇敬されたジェダイ・マスター、しかしいまは分離主義運動の指導者となっていたドゥークー伯爵(クリストファー・リー)だった。9つあるシリーズの2作目。エピソード1でのアナキン・スカイウォーカーとパドメ・アミダラの運命の出会いから10年、再会することになった2人のその後の運命と、ドゥークー伯爵とジェダイの騎士たちの戦いを描いている。銀河系の力関係は刻々と変化しており、旧態依然とした腐敗による機能低下が進む銀河共和国を見限り、数千の星系が離脱を表明。元ジェダイのドゥークー伯爵を中心に、分離主義勢力を形成して共和国との間に緊張状態を生じていた。この事態に対して、共和国の軍隊保有の是非を問う元老院議会での投票のため惑星コルサントを訪れたパドメ・アミダラ元老院議員は爆破テロに遭遇し、パドメ自身は難を逃れたものの侍従らに犠牲者を出す。

 パルパティーン最高議長の計らいで、オビ=ワン・ケノービと若きアナキン・スカイウォーカーがボディーガードをする事になり、オビ=ワンとアナキンはパドメを狙った刺客ザム・ウェセルから彼女を守る事に成功。ザムを捕らえて口を割ろうとするや、別の刺客(ジャンゴ・フェット)によってザムは殺されてしまった。オビ=ワンはザムを殺した凶器から手掛かりを得て、惑星カミーノへ向かう。既に今エピソードから、師匠であるオビ=ワン・ケノービと弟子であるアナキン・スカイウォーカーの些細な不和や衝突は顕在化している。オビ=ワンの師匠だったクワイ=ガン・ジンの遺言の通り、オビ=ワンはアナキンを一人前のジェダイへ育てようとするが、アナキンの若さゆえの過信と暴走ぶりは時に目に余る状態となり、なかなかオビ=ワンの言うことを聞こうとしない。ジェダイの騎士にとってマスターの教えは絶対だが、過激に暴走するアナキンの不安定な精神状態は、オビ=ワンだけでなく、ヨーダも不安視している。火種はところどころ見え隠れするものの、爆発まで行かないのは多くの場面でオビ=ワン・ケノービとアナキン・スカイウォーカーが別行動だからである。ヨーダの命を受け、アミダラ暗殺を試みた真犯人を捜すことがオビ=ワンの役目であり、その際、手薄になったアミダラの擁護をアナキンが一手に引き受けることになるのだが、若い男と女が始終2人っきりでいればどうなるかは陽を見るよりも明らかである。しかしジェダイの掟は、誰かを愛することを禁じているため、アナキンは愛と掟の間で苦悩する。

 並行して、アナキンの母親探しも描かれる。いつも夢でうなされ、母親不在に耐えきれなくなったアナキンは、オビ=ワンに隠れて、辺境の惑星タトゥイーンに住む母親シミ(ペルニラ・アウグスト)を助けに行く。かつての主人ワトーから、シミは奴隷から解放され、水耕農夫ラーズの後妻となっていた事を知る。ラーズ家を訪れたアナキンだったが、そこで知らされたのはシミが盗賊タスケン・レイダーに誘拐されたという事実だった。アナキンは必死の捜索でシミを発見するが、時遅く彼女は息子の腕の中で絶命、アナキンは怒りのままにタスケンを部族ごと虐殺する。この事件が、後に暗黒面に落ちることになるアナキンの心に深い爪痕を残したことは想像に難くない。オビ=ワンがいれば絶対に許されなかった禁断の実をアナキンとアミダラはかじることで、後の悪夢の気配を一瞬だけ見せるのである。中盤までの情報だらけの展開はシリーズ中、最も抑揚のない展開だと言っても過言ではない。相変わらず姫の護衛をしながら、真犯人とその目的を探すもそこにサスペンスはなく、オビ=ワンとアナキンの師匠と弟子のコミュニケーションもほとんど描かれていない。今作で最も力を入れた場面はおそらくアナキンとアミダラのロマンスであり、だからこそアクション映画としての求心力には欠けてしまう。

 だがラスト30分間のジェダイ軍とドロイド軍の戦闘はなかなか見ごたえがある。絶体絶命の状況の中、意外と頑張るアミダラにもびっくりだが、エピソード1では戦地に赴くことがなかったメイス・ウィンドゥ(サミュエル・L・ジャクソン)とヨーダが遂に彼らの助けに現れる。それゆえオビ=ワンとアナキンの活躍は前作よりも幾分抑えれらたものの、ヨーダが初めてフォースの力を見せつけることになるラスト・シーンは必見である。またC3-POとR2-D2の息のあった掛け合いも前作以上に描写され、続くシリーズへの期待が一層膨らむ。エピソード1では共和国側の大勝利に終わっていたが、ラストのヨーダの言葉にもあるように、シスの勢力が共和国側に不気味に侵食しつつあることを予感させるラストは決してハッピー・エンドではない。しかしながらこの時のアナキンとアミダラは人生の最高の瞬間を迎えようとしていた。

【第667回】『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(ジョージ・ルーカス/1999)


 遠い昔、はるか彼方の銀河系。平和だった銀河共和国に混乱が訪れていた。通商連合は辺境の惑星との交易ルートヘの課税問題に決着をつけるべく、武装艦隊で惑星ナプーを武力封鎖。即位間もない若き女王アミダラ(ナタリー・ポートマン)は連合の要求を拒否し、事態は悪化。元老院は調停のため、ふたりのジェダイの騎士クワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)とオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)を派遣するが、背後では暗黒卿ダーク・シディアスによって巨大な陰謀が進行していた。スター・ウォーズ・新トリロジー・シリーズの記念すべき第1作目(実質第4作目)。若き日のオビ=ワン・ケノービ(ユアン・マクレガー)には師匠となるマスターであるクワイ=ガン・ジン(リーアム・ニーソン)という男がおり、このクワイを主人公に物語は進む。交渉の場から追われたふたりのジェダイはドロイド軍によって侵略されるナプーに降り立ち、そこで出会った水中の種族グンガン族のジャー・ジャー・ビンクス(アーメド・ベスト)の導きでナプーの宮廷にたどりつく。ふたりは事態を打開すべく女王に脱出をすすめ、元老院の調停を求めるため、銀河共和国の首都コルサントを目指す。連合の襲撃で宇宙船は破損するが、優秀な宇宙船用ドロイドR2-D2の活躍もあって、一行は辺境の惑星タトゥイーンに逃れた。

 ここでは早くもシリーズの数百年に渡る橋渡し役となるドロイドR2-D2が、姿形はそのままに現れる。タトゥイーンと訪れたクワイとオビ=ワンはここで奴隷として働くある少年と出会う。この少年こそが後のダースベイダーとなる若き日のアナキン(ジェイク・ロイド)である。元々は奴隷出身だが、母親の口からアナキン少年の不思議な出生の秘密を聞かされたクワイは、少年にジェダイの運命を託す。ここでのレースの場面は今エピソードの最高沸点となる。今となっては99年仕様のフルCGがやたら古さを感じさせるものの、スピード・レースで後続を追い抜くアナキンの並外れた才能を感じたクワイは、アナキンに潜在するフォースは並居るジェダイを遥かに凌ぐほど強大であることに気付く。同じ奴隷の親子としてタトゥイーンで生活する母親シミ(ペルニラ・アウグスト)との別れのエピソードは涙を誘う。母親はアナキンに自由の身になったのよと言い、彼を気丈に送り出す。クワイはシミの肩にそっと手をやり、シミはそんなアナキン少年を優しい目で見つめる母親としての深い愛情を感じさせる名場面である。我々はエピソード4~6の無慈悲な男の姿を知っているだけに、余計に子供時代の可愛かったアナキンの姿が胸を打つ。ここではまだプロトタイプとも言えるC-3POも登場する。母親同様に、幼い頃のアナキンにとって唯一の友人としてのC-3POとここで一旦お別れをすることになるのである。

 惑星コルサントに向かう道中、今エピソード最大の敵となるシスの暗黒卿ダース・モール(レイ・パーク)とクワイは最初の遭遇を果たす。ここでは既にジェダイナイトとシスの暗黒卿との善と悪の戦いは火ぶたを切っている。彼は銀河帝国の最高権力者であるダース・シディアスの弟子であり、ジェダイが持っている最強の武器ライトセーバーが2倍になったダブルブレイドライトセーバーの使い手である。ダース・モールの追撃を交わし、タトゥイーンからコンサルトへ逃れたクワイは、早速アナキンをジェダイ評議会に推薦するが、ジェダイ評議会は強すぎるフォースを持つアナキンに不安を表明。クワイ=ガン・ジンはヨーダ(フランク・オズ)とメイス・.ウィンドウ(サミュエル・L・ジャクソン)を説得し、彼白身がアナキンの師となることを認めさせた。ここではクワイの直感もそうだが、ヨーダとメイスの直感を信じていれば、違う未来が訪れていたのではないか?彼らの不安はやがて的中し、銀河系そのもののバランスが崩れてしまうことを、マスターであったクワイは知る由もない。ただ純粋に、アナキンをジェダイの騎士にしようと思ったクワイの判断が、大河ドラマとなる今シリーズの重要な運命の分かれ道となる。元老院では最高議長バローラム(テレンス・スタンプ)は実権を失っており、野心家の議員パルパティーン(イアン・マクダーミド)が実力を伸ばしていた。議会でも問題は解決できず、新たに最高議長となったパルパティーンは、アミダラに都にとどまることをすすめるが、彼女は自らの星に帰って戦う決意を固めた。

 クライマックスは、グンガン族とジャー・ジャー・ビンクス(アーメド・ベスト)が、連合占領下にあるナプーに帰還した一行の救世主となり、同時に犠牲者ともなる。彼らがドロイドの大軍と戦闘を繰り広げる間に、わずかな手勢で宮廷に侵入。戦闘のさなか、ふたたびダース・モールが登場し、クワイ=ガン・ジンとオビ=ワン・ケノービとの第二戦が幕を開ける。ライトセーバーに対し、ダブルブレイドライトセーバーの威力が2倍というわけではないのだろうが、ここでの戦いはオビ=ワン・ケノービにとって一生忘れることの出来ない悔恨を残す。その一方で、アナキン少年の天性の能力が彼らを救ったというのはあまりにも皮肉な事実である。オビ=ワン・ケノービはクワイ=ガン・ジンの最後の言葉を遺言として、アナキン少年を自らの弟子とするが、引き起こすことになる新たな遺恨をまだ彼は知らない。アナキン・スカイウォーカーとアミダラ女王の交流や、クワイ=ガン・ジンの遺言など、後に回収されることになる幾つかの伏線が散りばめられ、この星の因果関係のルーツが明らかにされる。今作は『エピソード6/ジェダイの帰還』から16年振りに製作され、ジョージ・ルーカスにとっても『エピソード4/新たなる希望』で一度監督業から撤退して以来、実に22年ぶりの監督作となった。

このカテゴリーに該当する記事はありません。