【第1234回】『ブラックパンサー』(ライアン・クーグラー/2018)


 アフリカ大陸にある謎のベールに包まれた小国ワカンダ。この高度な科学技術を誇る超文明国で、先代ティ・チャカに代わり、その息子ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が新国王に即位した。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』で描かれた父の最期、彼の名を受けた若き新国王は、漆黒のスーツに身を包んだ闇のヒーロー「ブラックパンサー」となり、希少鉱石ヴィブラニウムを守る。ダイヤモンド以上の硬度を持ち、ウラン以上のエネルギーを放出するヴィブラニウム、キャプテン・アメリカの盾の原料にもなったこの超万能資源により、国には富と安息が訪れた。だがヘルムート・ジモが起こした爆破テロによって、ブラックパンサーの存在を世界に知らしめてしまうことになり、ワカンダには大きな危機が迫る。ワカンダを狙う謎の男エリック・キルモンガー(マイケル・B・ジョーダン)は、武器商人のユリシーズ・クロウ(アンディ・サーキス)と手を組み、行動を始める。二人は大英博物館からヴィブラニウム製の武器を盗み、取引の目的にワカンダへの潜入を企てる。

 『マーベル・シネマティック・ユニバース』シリーズ第18弾となる今作は、黒人監督によるほぼ黒人キャストの歴史的意義のあるヒーロー映画である。突如、ワカンダ王国の新国王に指名されたティ・チャラはその大義に戸惑いながら、宇宙一のハイテク国家がこれからどこに進むべきか自問自答する。キルモンガーとの滝上での国王争い、明らかに未練タラタラなナキア(ルピタ・ニョンゴ)とのロマンス、執事のようなズリ(フォレスト・ウィテカー)との関係性、不自然なまでにVFXを駆使したアクションの多様など、今作は結果としてこれまでのMCU作品よりも、インドで歴史的なヒットを記録した『バーフバリ』シリーズに近い肌触りを持つ。

 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』で初登場したユリシーズ・クロウや『シビル・ウォー』で初登場したCIA捜査官のエヴェレット・ロス(マーティン・フリーマン)の再登場も今作に花を添えるが、それ以上に大写しになるのは、国王親衛隊「ドーラ・ミラージュ」の隊長オコエ(ダナイ・グリラ)、かつてのティ・チャラの恋人ナキア、そしてティ・チャラを後方から支援するシュリという、国を守る女性3人の姿に他ならない。韓国でのカー・チェイスに始まり、女性だけの軍隊である「ドーラ・ミラージュ」の戦いぶりは、MCU作品に深い陰影をもたらす。孤立主義を深めるワカンダ国の姿は、EUからBrexitで離脱した大英帝国の姿に思えてならない。ライアン・クーグラーの演出は、自分たちの出自を理解しながら、敵味方双方が黒人という設定を生かし切った安定のアクションで見応えがある。ブラックスプロイテーションの時代を経て、黒人たちが今、エンターテイメントの最前線に躍り出んとする強烈な意欲作である。

【第439回】『クリード チャンプを継ぐ男』(ライアン・クーグラー/2015)


 刑務所に収監されるロサンゼルスのゲットーの少年たち。一列に並ばされ、刑務員の掛け声がかかるのと同時に警報ブザーが鳴る。刑務員たちは慌てて広間に出ると、コンクリートの上で1人の男が少年に対して馬乗りになって殴りかかっている。仰向けの男は頬骨に痛々しいキズを作るが、次の瞬間体勢を逆転した男は無我夢中で殴りかかる。刑務所からの無情の電話。こうして独房に現れたアポロの本妻のメアリー・アン(フィリシア・ラシャド)は、アポロの愛人の子供であるアドニス・ジョンソン(マイケル・B・ジョーダン)を叱るでもなく、家に来なさいと提案するのである。かくして伝説の男の過ちの息子は、無事再起の道を歩み始める。少年から大人へと成長し、刑務所生活から一流企業の社員にまで昇格した男の表情はどういうわけか冴えない。社長に辞表を提出し、重い責任を捨てた男はメキシコの地下ボクシングの舞台に立っている。メアリー・アンの所有する豪勢な建物。ソファーに腰を落ち着けた男はホーム・シアターである映像をしげしげと見つめている。何千回何万回見たであろう映像は、自分が生まれる前に死んだ父親の晴れ舞台、アポロ・クリードとロッキー・バルボアのヘビー級頂上決戦の映像である。ホームシアターのフルスクリーンの前、父親と同じ向きに構えた男のシルエットが映るあまりにも印象的な導入部分で今作は幕を開ける。

両親の不在が彼を非行に走らせるも、育ての母親の愛が彼を更生させるが、アドニス・ジョンソンには決定的に父性だけが足りない。亡き父親の姿をyoutube映像で何度もリピートしながら、父性の面影を追い求める男はペンシルヴェニア州フィラデルフィアに居を移す。慣れないアパートでの一人暮らし、初めての夜、階下に住む家の騒音で一向に寝付けない男は、何度もドアを叩き、抗議する。どんな常識はずれの男が出て来るのかと思いきや、そこには運命の女ビアンカ(テッサ・トンプソン)との出会いが待ち構えている。RihannaとKelelaを足して2で割ったようなテッサ・トンプソンの人物造形は、黒人監督であるライアン・クーグラーの面目躍如と言える。初めてのデートで訪れたホットドッグ店、ビアンカの友達は俺の友達だと伝える気の良い店主。地下の実験室で夜な夜なチルウェイブ〜エクスペリメンタルR&Bのライブを続ける地元のアイドルは実は、進行性の難聴を患っている。自分の境遇と彼女の病状を重ね合わせた男は、やがてビアンカと恋に落ちる。ロッキー・バルボアはペットショップ店員のエイドリアンに奥手だったが、こうしてアドニスとビアンカはあっという間に恋に落ちる。それと同時にアドニスには運命の出会いが待ち構えている。うらぶれたレストラン、曲がりなりにも繁盛店とは言えないその店でアドニスは壁に掲げられた数々の写真を眺めている。何千回も見られた光景の中でロッキーはアドニスに退店を求めるが、男はそっとアポロ・クリードの息子であることを告げる。断ち切ったボクシング業界への未練、生前最高のライバルだったアポロへの思い、ふつふつと湧き上がる闘志をロッキーは隠そうとしない。まるで『ロッキー7』のような出血大サービスを連発するメンターたるシルヴェスター・スタローンの姿は圧倒的な存在感を放つ。

亡き父親の名前との戦いは、時として眼前に立ちはだかるファイターをも上回る。メキシコ系ボクサーが咬ませ犬に扱われ、当のチャンピオンがイギリス人だという設定は現在のボクシング業界の勢力図を如実に反映する。元WBA世界スーパーミドル級スーパー王者であり、現WBC世界スーパーミドル級王者アンドレ・ウォードの序盤の出演にもニヤリとさせられたが、HBOのニュース映像を効果的に駆使し、「Let's get ready to rumble!」の掛け声でも知られるマイケル・バッファー、実況としてマックス・ケラーマンの起用もボクシング・ファンには嬉しい。恋人が進行性難聴、そしてメンターたるロッキーが初期癌の発症を抱える中、母性と父性を一瞬で獲得したはずのアドニスの葛藤の描写がまどっろこしいほど丁寧に描かれる。早期発見の癌で嘔吐したり、寝たきりになるロッキーの描写にはさすがに首を傾げざるを得なかったが 笑、クライマックス前のフィラデルフィアの不良たちの3輪バギーの高揚感は間違いなく今作の最高沸点にもなり得る異様なテンションの高さを見せつける。ただボクシング・ファンのリアリティからすれば、もう少し引きの映像を織り交ぜながら、熱戦のシーンを組み立てて欲しかったが、プロ経験豊富なアンソニー・ベリューのやられ役は流石に巧い。KO寸前のアドニスがアポロの声を聞いて起き上がる場面には苦笑いを禁じ得なかったものの 笑、極めてウェルメイドな脚本と小気味良い展開は決して悪くない。前述のように今作は『ロッキー7』ではなく、アポロの名を冠した『CREED』というタイトルなのだが、ラストにシルヴェスター・スタローンに華を持たせたライアン・クーグラーの粋な計らいには、オールド・ファンはニヤリとさせられる。一貫してウェルメイドな手捌きで纏めた物語構成、マイケル・B・ジョーダンの線の細さが若干気になるものの、次作に期待が持てる無難な仕上がりが良い。

このカテゴリーに該当する記事はありません。