【第540回】『ピンク・キャデラック』(バディ・ヴァン・ホーン/1989)


 片田舎に立つマーケット、鳴り続ける電話のベル、無法者の男はゆっくりと受話器に耳を傾ける。そこに届いたのはカントリー専門のラジオ局KZTSのDJクレイジー・カールからの当選の声。カントリー歌手なら誰が好き?との問いに無法者は迷いなく「ロイ・エイカフ」と答えると、あなたにドリー・パターンとのデート権が当たったという。満更でもない様子の無法者に、畳み掛けるように告げた6時に大きな車で迎えに行きますの言葉。彼は保釈金を踏み倒して逃亡した無法者たちを取り締まり、カリフォルニア州のサクラメントにある裁判所に送り届ける凄腕の追跡屋トム・ノワック(クリント・イーストウッド)。まるで西部劇の賞金稼ぎのように、ある時はDJ、ある時はカウボーイ場のピエロに扮し、厄介な無法者たちを裁判所に強制送還していく。その鮮やかな手口が素晴らしい。ノワックが次に友人のバディ(ジェリー・バンマン)から依頼されたのは、保釈金を踏み倒して逃亡した人妻ルー・アン・マッギン(バーナデット・ピーターズ)の追跡。やり甲斐のない仕事だと一度は首を横に振るが、断りきれずに男は人妻ルー・アンを追って、リノの街角で捜索活動を始める。

マイケル・チミノ、ジェームズ・ファーゴに続く3番弟子であり、長年イーストウッド組でスタントマンとして体を張ってきたバディ・ヴァン・ホーンの最後の監督作。『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』、『ダーティハリー5』の大ヒットの余勢を買い、クリント・イーストウッドの人物造形はこれまで以上にライトな砕けた印象が、今のシリアスなイーストウッドしか知らない層には新鮮に映るかもしれない。早撃ちガンマンでも刑事でも無いトム・ノワックはもはやダーティでも何でもないが 笑、恋に不器用だった西部の男『ダーティ・ファイター』シリーズのファイロ・ベドーの発展系と言える。ファム・ファタールのような綺麗で気の強い女に強引に迫られたら嫌と言えず、情にほだされ、危険な仕事を買って出る。今作では夫であるロイ(ティモシー・カーハート)に愛想を尽かし、女は家族3人で住む貧乏なトレーラーハウスから、夫のピンク・キャディラック(クーペデビル コンバーチブル)に乗り、逃亡を図る。このピンク色に光る巨大な車が、男性器のメタファーであることは想像に難くない。人妻ルー・アンは悪の組織に染まってしまった若い亭主を見限り、巨大な男性器の暗喩を持ち歩きながら、姉夫婦の勧めでネバダ州にあるカジノの街リノへ繰り出す。ここで老いぼれた1人の男に命を助けられる。ヒロインは夫への喪失感からたった1人の逃避行を試み、その過程で1人の老いぼれた男に出会う。そうなればロマンスの行方は一つしかない。

歳の離れた若い男の逃避行は『サンダーボルト』や『アウトロー』でも何度も試みられてきたし、実の息子との魂のロード・ムーヴィーとなった『センチメンタル・アドベンチャー』など、2人きりの逃避行はイーストウッドにとって繰り返し用いられた重要なモチーフである。その中でも今作に肌触りが最も近いのは、証人護送を命じられた刑事が罠にはまり、ソンドラ・ロックと逃避行を続けた『ガントレット』だろう。ただ『ダーティファイター/燃えよ鉄拳』のバイカー集団、『ダーティハリー5』のB級ホラー映画監督を模した単なる統合失調症の男など、バディ・ヴァン・ホーンの映画はいつも敵役がびっくりするくらい弱く、イーストウッドに見られるような持続的サスペンスの緊張感がない。今作ではカルト的人種差別集団の「純血団」なる組織が、ルー・アンの夫ロイを仲間に加え、数億円の大金を狙ってノワックとルー・アンをひたすら付け狙うのだが、あまりにも前時代的に映る。ルー・アンの保釈金裁判を裁く判事が、『アルカトラズからの脱出』のイングリッシュだったり、裏社会に通じた偽造業者の男リッキーZが『ダーティファイター』シリーズのオーヴィル役で知られるジェフリー・ルイス(ジュリエット・ルイスの父親!!)だったり、イーストウッド組の懐かしの常連俳優たちが次々と顔を出す展開には、同窓会的な楽しさがある。ガン・アクションやラストのカー・チェイスはいささか寂しい気もするが、もはや『ダーティ・ハリー』シリーズのハリー・キャラハンを脱ぎ捨て、老いを迎えたイーストウッドにとってはこの適度な塩梅こそ相応しかったのである。

89年と言えばソ連のペレストロイカ、ドイツのベルリンの壁崩壊を経て、冷戦構造が急速に終結に向かった、アメリカの世界戦略の転換点でもある。イーストウッドが『ファイヤーフォックス』で描いた米ソの緊張感は急速に緩み、平和に向かう中で、イーストウッドとバディ・ヴァン・ホーンは「よそ者から白人の権利を取り戻す」という理念を掲げる急激に右傾化したカルト集団を「純血団」の思想に当てはめている。それから27年余りが経過し、現在ではドナルド・トランプが「純血団」と同じく「よそ者から白人の権利を取り戻す」と息巻いて、アメリカ全土の支持を集めているのは何の皮肉だろうか?アメリカは同じ間違いを再び繰り返そうとしている。余談だが、今作でルー・アンの姉を演じたダイナ(フランシス・フィッシャー)はソンドラ・ロックと別れた後のイーストウッドを支え、翌年に結婚。1993年にイーストウッドとの間に娘フランセスカをもうけている。この母娘とイーストウッドとの共演は、『トゥルー・クライム』まで待たねばならない。

【第538回】『ダーティハリー5』( バディ・ヴァン・ホーン/1988)


 サンフランシスコの絶品の夜景を見下ろす空撮ショット。後ろ髪を束ねた男はTV画面を食い入るように見ている。テーブルの上に乗せられた週刊誌、ニュースペーパー。TV画面ではジャネロ裁判でマフィアのボスを監獄にぶち込んだハリー・キャラハン刑事(クリント・イーストウッド)の功績が称えられようとしている。その瞬間、ターゲットは見つけたと言わんばかりにノートブックに書いたハリー・キャラハンの名前。男は有名人に狙いを定め、死亡予想ゲーム“デッドプール”に興じようとしていた。一方その頃、夜中のハイウェイを走るキャラハンの車が尾行され、彼は危険を察知したように左側に急ハンドルを切る。数100mスピード比べをした後、袋小路前で挟み撃ちに遭い、辛くも逃げ出すハリー・キャラハン。殺し屋たちは彼が倒れた場所に拳銃を向けるが、待ち構えたキャラハンの44マグナムの早撃ちが火を噴く。マフィアのボス・ジャネロの配下に命をつけ狙われ、相変わらずサンフランシスコ中の無法者たちのお節介を受ける刑事の姿。男は国家権力側の人間ながら、もはや芸能人と見間違うほどの歓待を受ける。フラッシュの嵐が心底疎ましい男は、ニュース・レポーターのサマンサ・ウォーカー(パトリシア・クラークソン)の問いかけにも知らぬ存ぜぬを貫く。

サンフランシスコ市警察殺人課に勤めるハリー・キャラハン刑事の活躍を描いた『ダーティハリー』シリーズの最終作。70年代にキャラハンの目の上のたんこぶだったサンフランシスコ市警のお偉方は一掃され、また新たな権力の犬デビット・アッカーマン(マイケル・グッドウィン)がキャラハンのご機嫌とりに駆けつける。『ダーティハリー4』で市警殺人課の警部補だったドネリー(マイケル・カリー)は見事、警部に昇格している。前作では初めて相棒が付かなかったキャラハンの新たな相棒となるのは、中国系のアル・クワン(エヴァン・C・キム)という元チャイナタウンの不良で、カンフーの使い手である。毎回、一匹狼のハリー・キャラハンがくだらないメンツにこだわる官僚機構の横暴や腐敗を暴くのが今作の肝だったが、市警内部の描写は最小限に留められている。かつては警察内部に疎まれるダーティ・スターだったハリー・キャラハンが、一転してサンフランシスコ市警の広告塔として利用される姿には呆れ果てる。その代わり顔を出すのは新たな暴力の温床となるマスコミ報道である。報道される側のストレスと報道する側の暴力とを同時に描きながら、80年代に空前のブームとなったホラー映画やカンフー映画を参照した一連の描写は、『ダーティハリー』の頃のオリジナリティはもうない。B級ホラー映画、Guns N' Roses の『Welcome To The Jungle』、『HOTEL SATAN』と刺繍されたジャンパーなど、イーストウッドはあえて好みを外した80年代的な道具立てを施す。

2、3で複数犯だった犯人の造形は、自身が監督を務めた4において単独犯に強引に戻され、5ではB級ホラー映画界の巨匠ピーター・スワン(リーアム・ニーソン)が犯人だと巧みに観客をミスリードさせる。その一方で突如真犯人が登場する展開はシリーズ史上最も王道なミステリーだが、肝心の統合失調症のサイコ・キラーがあまりにも弱い。むしろ物語の展開に複合的な視点をもたらすのは、4に引き続き芽生えたハリー・キャラハンのロマンスだろう。当初は疎ましい存在に過ぎなかったニュース・レポーターのサマンサ・ウォーカーという気の強い女とのロマンスの道筋は、80年代初頭のソンドラ・ロックとのロマンスと同工異曲の様相を呈す。この頃から肉体的な衰えが目立ち始めたクリント・イーストウッドのアクションも幾分抑え気味で、むしろ中国系のアル・クワンのジャッキー・チェンばりの小気味良いカンフー・アクションに支えれらている。70年代前半にはあれ程固執していたカー・チェイスのメタ・レベルの簡略化は一定の成果を上げているものの、いわゆるロー・キーを多用したジャック・N・グリーンのどんよりと薄暗い色調も、ドン・シーゲル『ダーティハリー1』の照りつけるような太陽の感触とはすっかり様変わりしてしまった。自分が本当にやりたい作品だけは自分で監督し、それ以外は子飼いのバディ・ヴァン・ホーンに任せるという徹底した効率化により、本作は低迷していた80年代イーストウッドに皮肉にも興行的な成功をもたらす。だがフィナーレと呼ぶには随分と寂しいシリーズ最終作である。

【第519回】『ダーティファイター 燃えよ鉄拳』(バディ・ヴァン・ホーン/1980)


 サンフランシスコのハイウェイを走る長距離トラックの運転手ファイロ・ベドー(クリント・イーストウッド)の車。幾つかに切り分けられた空撮ショット。そこにイーストウッドとなんとあのレイ・チャールズとのカントリー調のデュエット曲の調べ。市警察の白バイが並走してゆっくり走るところを、大型トラックがクラクションを鳴らし、警官たちを挑発する。やがてたどり着いた辺鄙なコンビナート。既にたくさんの人たちが集まっており、主役の到着を今か今かと待ち構えている。そこに満を持して、ベドー、オーヴィル・ボッグス(ジェフリー・ルイス)、チンパンジーのクライドを乗せたトラックが到着する。どうやら今日のストリート・ファイトの相手は、元海兵隊で無敵を誇ったツワモノらしい。オーヴィルの負けるぞという忠告にも耳を貸さず、ベドーとツワモノとの対戦が始まる。相手をダウンさせたところで、目の前で大写しになる観客の美女のグラマラスなバストの揺れ。その胸に目が眩んだベドーは一瞬の隙を突かれ、右ストレートでダウンを奪われる。一方その頃、チンパンジーのクライドはストリート・ファイトに夢中になる観客たちを尻目に、パトカーの運転席へと向かい、用を足す。試合は今日もベドーが勝ち、警察は元金を取り返すどころか、有り金全てを持って行かれる。失意の中、パトカーのドアを開けた瞬間、こんもりと乗った猿の野糞。勝負に負けた男は、懲罰で死の谷(デスヴァレー)への転属を命令される。

80年当時、イーストウッド作品としては過去最高のヒットを記録した『ダーティ・ファイター』の続編。ファイロ・ベドー、オーヴィル・ボッグス、チンパンジーのクライドの友情はそのままに、前作でこっ酷く振られることとなったファム・ファタールのリン・ハルゼイ=テイラー(ソンドラ・ロック)が再びベドーの前に現れ、主人公を誘惑する。だが今作のリンの造形は前作ほどの魔性の女ではない。プロモーターの男とは離れ、純粋にカントリー・シンガーとしてドサ回りをするリンの姿に、ベドーは満更でもない様子を見せる。前作でオーヴィルの運命の女として登場したエコー(ビヴァリー・ダンジェロ)との恋は既に終わっている。サンフランシスコ全土のストリート・ファイトで、未だ無敗を誇るベドーの相棒として駆けずり回り、幸福を謳歌するオーヴィルに対し、ベドーがストリート・ファイトを辞めると宣言することから今作は幕を開ける。まだリンと再会する前、ボッグス母子に新しい車でも買ってやりたいと願うベドーは、安易に裏組織のボスの仕組んだストリート・ファイトのオファーを、前金に目が眩んで引き受けてしまう。リンとの再会の後、本気で将来のことを考え始めたベドーは裏組織のボスのマネージャーに対し、断りを入れるが、ビッグ・マネーが飛び交うストリート・ファイトの契約を反故にしようとするベドーに対し、裏社会はリン・ハルゼイ=テイラーを人質に取り、ベドーに何が何でも賭け試合をやらせようとするのである。

チンパンジーであるクライドのやりたい放題の描写、オーヴィルの母親ママ・ボッグス(ルース・ゴードン)の自動車免許取得の後日譚などが含まれる展開は、前作以上にコメディとしての味わいを残す。特に中盤のピンク・クラウド・モーテル(何て名前!!)での抱腹絶倒の色気じみたやりとりは、イーストウッドのフィルモグラフィの後にも先にもこれ以外にはない。前作以上に戯画化するバイカー集団ブラック・ウィドーの面々とのやりとりもパワー・アップしているが、その代わりオーヴィルとの友情はかなり後退している。イーストウッドはむしろオーヴィルとの友情よりも、最大のライバルであるジャック・ウィルソン(ウィリアム・スミス)とのやりとりに特化している。一緒に朝の日課のジョギングをする際に起きる突発的な事故、カントリーの生演奏が流れる馴染みの酒場での乱闘シーンなど、ジャック・ウィルソンは裏社会の因習に囚われず、ただ強い男に対する興味だけで生きている。その裏社会のボス、ジェームズ・ビークマンを演じたハリー・ガーディノは、『ダーティハリー』シリーズにおけるハリー・キャラハン刑事の上司であり、キャラハンを支えるアル・ブレスラー警部補として広く知られている。ここでは警察ではなく裏社会のフィクサーとして、ストリート・ファイターたちの生と死を食い物にする権力側の人間として造形される。その汚い手口、アメリカ全土の金持ちの好色家たちを束ねる組織力に対し、ベドーとジャックが精一杯の抵抗を試みるクライマックスの路上での拳と拳のぶつかり合いが素晴らしい。見る見るうちに膨れ上がる観衆、途中、小休止を入れて互いにビールを呑み合いながらのストリート・ファイトの描写はまるでジョン・フォード『静かなる男』へオマージュを捧げているかのようである。

途中、登場するファッツ・ドミノの熱演は涙なしには見ることが出来ない。それ以外にもグレン・キャンベルやジーン・ワトソン、ジョニー・ダンカンなど、当時のカントリーの第一線のシンガーたちを揃えた劇伴が実に素晴らしい余韻を醸し出す。監督には長年、イーストウッド組のスタント・コーディネーターを務めたバディ・ヴァン・ホーンが指名されている。マイケル・チミノ、ジェームズ・ファーゴに続く、イーストウッドの3番弟子として突如シーンの最前線に登場した男は、『荒野のストレンジャー』で主人公のストレンジャーの分身となる弟を演じたあの男である。あるいは『ダーティハリー』のクライマックス、ハイウェイにかかる橋の上から、黄色いスクール・バスに飛び移るロング・ショットのスタントを熱演した人物と言えばわかっていただけるだろうか?ハリウッド屈指のスーパー・スターであり、「マルパソ・カンパニー」を率いる社長でもあるイーストウッドにとって、80年代初頭から自らの監督作と主演作とを明確に分けるラインが徐々に顔を出し始める。1人立ちしたマイケル・チミノや、失礼な言動から絶縁した助監督であるジェームズ・ファーゴに代わり、良くも悪くもこのバディ・ヴァン・ホーンは、イーストウッド自身が監督するまでもない作品群を任されていく。今作を含め、『ダーティハリー』シリーズのファイナルとなった『ダーティハリー5』、あるいは『ピンク・キャデラック』などの肩の力の抜けた作品群をバディ・ヴァン・ホーンに任せ、自らは『ブロンコ・ビリー』、『センチメンタル・アドベンチャー』、『ペイルライダー』、『許されざる者』などの野心作を連発する。イーストウッドにとってバディ・ヴァン・ホーンとは、取るに足らないライトな作品をヒットに導く手腕を期待された。バディ・ヴァン・ホーンも尊敬するイーストウッドの想いに応え、ヒットを量産する。『荒野のストレンジャー』でのコインの裏表の関係が80年代、イーストウッドの更なる活躍を下支えしたのは間違いない。バディ・ヴァン・ホーンこそが、イーストウッドにとって最高の弟子だったのである。

このカテゴリーに該当する記事はありません。