M・ナイト・シャマラン×ジェームズ・マカヴォイ!映画『スプリット』予告編

M・ナイト・シャマラン監督最新作予告編本日情報解禁←

クリステン・スチュワート×オリヴィエ・アサイヤス監督!映画『パーソナル・ショッパー』予告編

オリヴィエ・アサイヤス監督最新作予告編本日情報解禁←

Fake Shark - "Heart 2 Heart"

【第794回】『ネオン・デーモン』(ニコラス・ウィンディング・レフン/2016)


 冒頭、ソファーの左端に頭を乗せる人形のメイクをした少女は、首から血を流し死んでいる。右足はソファーからはみ出し地面に着き、血だらけの右手はダラリと垂れ下がる。この意味深長なショットの審美眼的な構図は、1944年に描かれたフランスの画家Balthusの「美しい日々」という絵に酷似している。彼女は全身血だらけで死んだような退廃的な表情をしているが、カメラが徐々に後退していくと、フォト・セッションの一環として撮影されたとわかる。つまりジェシー(エル・ファニング)は生きているのだが、ディーン(カール・グルスマン)の創作の中では既に死んでいる。美しい少女ジェシーはSNSで知り合ったばかりのアマチュア・カメラマンのサド・マゾ的な要請を引き受けながら、宣材写真の中に写る別の自分を発見する。売れないモデルとカメラマン同士のLAでの貧しい恋は、売れない女優とミュージシャンのLAでの恋を描いた『ラ・ラ・ランド』の裏拍子をひた走る。しかしニコラス・ウィンディング・レフンの念頭にあったのは、女優の夢を叶えるためにLAにやって来たデヴィッド・リンチ監督による2001年の『マルホランド・ドライブ』やその原典となったビリー・ワイルダーの1950年の『サンセット大通り』に違いない。

 美や老いへの恐怖から登場人物たちが徐々に狂い出す様子は、ジョン・カサヴェテスの1977年作『オープニング・ナイト』のジーナ・ローランズの妄執を思い起こさせる(ダーレン・アロノフスキーの『ブラック・スワン』は『オープニング・ナイト』への無邪気なオマージュであった)。だが密かに一番影響を受けたのは、マリオ・ヴァーヴァの『モデル連続殺人!』に違いない。赤を基調とした映画は全編血のイメージのオンパレードで、水辺の死まで酷似しているのである。だが今作の誕生は、セクシュアリティの可能性が拡張されるアクチュアルな2010年代にこそ必然的に産み落とされる。自称19歳の少女だが、実際は16歳の少女ジェシーが次々に夢を叶えていく過程で、彼女とそれ以外に分けられてしまった境界線上の悲哀が浮かび上がる。女社長のロバータ・ホフマン(クリスティナ・ヘンドリックス)に輝きを認められた女は、ネオン・デーモンのような圧倒的な美しさを讃えながら、その太陽のような存在感を、3人の魔女に引き裂かれて行く。何度も顕在化する三角錐型のネオンをモチーフにしたピラミッドは、少女への3人の魔女の侵犯のメタファーに他ならない。下着で隠され、それ以外の部分は全て剥き出しにされたモデルたちがジャック(デズモンド・ハリントン)やロバート(アレッハンドロ・ニヴォラ)のキュレートを受ける場面の残酷さは息を呑む。

 その恵まれたシンデレラ・ストーリーの過程において、薄汚いMOTEL(スペルにエル・ファニングのELが見られる)に住むジョージアからアメリカン・ドリームを追って来た女はハンク(キアヌ・リーヴス)の欲望の犠牲者になりかける。睡眠中のヒロインに口に入れられたナイフは、去勢された男根のメタファーとして機能する。恐るべき危機察知能力で危険を回避したヒロインは、214号室の13歳の悲鳴を聞きながら、魔女の元へと惹きつけられるように潜り込む。全身整形でコントロール不全に陥っているジジ(ベラ・ヒースコート)や、ガラスで手のひらを切り裂いたヒロインの左手の鮮血を舐め尽くすサラ(アビー・リー)も魅力的だが、冒頭場面で鏡に写るヒロインを鏡越しに見つめていたルビー(ジェナ・マローン)の怪演が圧倒的に素晴らしい。彼女はあのロバート・ゼメキスの1997年の『コンタクト』において、ジョディ・フォスターの幼少期を演じた名子役に違いない。昼間はメイクアップ・アーティストとして、夜は死化粧師として生計を立てる彼女の隠された欲望が露わになるのは、ディーンが指差した満月の夜のワイルド・キャットの侵入からである。月=目が同一視される眼球幻想の物語は、フェティシズム、サディズム、レズビアニズム、ネクロフィリア、カニバリズムのモチーフを一通り開陳しながら、心底陰惨な結末へ突き進む。その圧倒的なヴィジュアル・イメージと色彩感覚は、近年ではベルトラン・ボネロの『SAINT LAURENT/サンローラン』と双璧な圧倒的美意識を誇る。

該当の記事は見つかりませんでした。