PUNPEEがフジのTV番組に出演

あっこゴリラ「PETENSHI × ITSUKA (Charisma.com)」

めっちゃRUMIちゃんに似てて吹いた 笑

【第819回】『レディ・イン・ザ・ウォーター』(M・ナイト・シャマラン/2006)


 フィラデルフィア郊外にあるアパート「THE COVE」には様々な人種の個性的な人々が楽しく暮らしている。5階建てのアパートの管理人を務めるクリーヴランド・ヒープ(ポール・ジアマッティ)は、アパートの世話係として大忙しの日々を送っていた。ある部屋の住人たちの通報により、部屋の隅に隠れた虫を退治したヒープは彼女たちのたじろぎ振りに、「この世の中に化け物なんていませんよ」と笑いながら語り掛ける。空室稼働率の良いこのアパートに、今日も引っ越し者ハリー・ファーバー(ボブ・バラバン)が現れる。西海岸からフィラデルフィアに引っ越して来た風変わりな男は、自らを映画批評家だと名乗る。13Bの部屋へと昇る階段、セクシーなヘソ出し衣装で悩殺するアジア系大学生ヤン・スーン・チョイ(シンディ・チャン)の姿にファーバーは一瞬フリーズする。階上には右側半分だけを筋トレする奇妙な青年レジー(フレディ・ロドリゲス)が筋肉を誇示するように立っていた。同じフロアのリーズ氏(ビル・アーウィン)はブラウン管の方を見たまま寡黙で動かない。ベル夫人(メアリー・ベス・ハート)は動物愛護団体に入っている。GUNS N' ROSESとBON JOVIの話で盛り上がるヤク中のたまり場の隣が13Bの部屋である。出版社から家賃も斡旋されたファーバーは冷たい表情でヒープにつらく当たる。中庭のプールに入れるのは午後7時までと念を押す管理人は、ここ数日、真夜中にプールに入る怪しい物音を聞いていた。

 M・ナイト・シャマランは前作『ヴィレッジ』に続き、あちら側とこちら側との間に見えない境界線を引き、ゲームの厳密なルールを観客に事細かに提示する。プールから顔を出した人魚姫のような少女ストーリー(ブライス・ダラス・ハワード)は絶体絶命の中年男性を救い出し、ベッドへと運ぶ。この個性的なアパートを束ねる管理人には、誰にも言えない生涯のトラウマを抱えているのだが、人間と神の間を司る純粋なヒロインだけは、ヒープの恐るべきトラウマに触れる。僅か24時間の内に小説家に会うという使命を果たすべく、人間界を訪れたヒロインには恐るべき能力が隠されている。それを東洋人であるチョイ母娘から聞くという展開は、おとぎ話の謎解きとして必要な要素だが、どういうわけか多分にB級感が漂う。物語の分岐点において登場するアナ・ラン(サリタ・チョウドリー)の兄貴であり、スランプ状態に陥った小説家ヴィック・ラン(M・ナイト・シャマラン)のストーリーとの出会いの場面の因果はドラマチックだが、いかんせん演技経験はほぼド素人の監督の大役での起用に微妙な安っぽさが拭えない。中盤以降、問題児ばかりが集っているようにしか見えない「THE COVE」の住人の中から、ストーリーを命懸けで守る運命の使者たちを決めるリクルーティングの様子は、『アンブレイカブル』同様にシャマランなりのアメコミ映画へのメタ演出足り得る。

 侵略者や怪物、『ウェイワード・パインズ』のアビーにも匹敵する緑色の怪物スクラントの描写は、決してこちら側には襲いかかって来ないものの、「ブルー・ワールド」への境界線の向こう側でこちらの様子をじっと見つめているのが不気味で怖い。ヒロインの名前がストーリーで、若者たちを未来へ導く重要な役をシャマラン自らが買って出て、おまけに辛辣な脚本家も出て来る物語展開は、『シックス・センス』を崇めながら、その後の『サイン』や『ヴィレッジ』のクライマックスを酷評した評論家たちへの恨み節にも思える。余程のトラウマが沸点に達したのか、シャマランは自身のアンチ勢力のメタファーを随分あっさりホラー的に躊躇なく消し去る。幾つものミスリードを経て、子供染みた中年と大人びた少年とが交感する展開、前作までのラスト10分のちゃぶ台返し批判におもねってしまったのか凡庸なクライマックスながら、意外性のある人物の登場には心底痺れる。ストーリーを演じたブライス・ダラス・ハワードには前作『ヴィレッジ』のヒロインほどの輝きはないが、舞台装置となるアパート「THE COVE」の描写にシャマランの類稀なるセンスが浮かび上がる。当初は子供向けのファンタジーとして展開しようとしたディズニーは、シャマランの個人的な怒りに困惑を隠さず、今作への一切の支援を打ち切った。子供も見られるファンタジーを目指したディズニー帝国に対し、恨み節を果たすべく今作を作ったシャマランとでは、目指すべきゴールがあまりにも違い過ぎた。

T-Pablow - Only One [Official Music Video]

KOHH君に似てて思いっきり吹いたわ 笑

該当の記事は見つかりませんでした。