【第805回】『ターンレフト ターンライト』(ジョニー・トー/2002)


 雨の台北。交差点で信号待ちをする人の群れ。その中に無名のバイオリニスト、ジョン(金城武)と、雇われ翻訳家イブ(ジジ・リョン)の姿があった。2人は互いを知らず、その存在に気づくこともない。実は、2人が住む部屋は、壁一枚を隔てたお隣同士だった。でもジョンはアパートの右側から出入りし、出る時は必ず右側へ歩き出す。方やイブはアパートの玄関の左側から入り、出る時は左側へ歩き出す癖があった。だから、彼らは一度も顔を合わせたことがない。冒頭、黒い傘を差した集団の中で、何やら目立つ緑の傘を差した男と、赤い傘の女がいる。彼らの出会いそうで出会わないやりとりを俯瞰で見せた導入部分の記号的明示にまずは驚かされる。彼らの住む部屋は隣同士であるが、階段の存在が事態をややこしくしている。マンションの左右には同じような階段と同じような入り口があり、彼らは隣り合っているけれども決して顔を合わせることはない。隣人に興味・関心のない社会というのはここ日本でも香港でも同様である。シーンが変わると、ジョンとイブの2人はたまたま公園の噴水の端と端に座っている。円形になった公園の噴水のちょうど対角線上に2人は座り、互いに仕事の資料に目を通すが、うっかり者のイブの資料が風の悪戯で噴水に飛ばされてしまう。その光景を見たジョンは対角線上にいるイブに話しかける。それが2人の出会いだった。

 2人はすぐに打ち解け、思ひ出話で盛り上がるうちに、同じメリーゴーランドに乗ったことに気付く。なんと彼らは、学生時代に一度出会っていたのだ。互いに意識しながらも名前すら聞けずじまい、相手の学生番号だけをいつまでも忘れずにいたふたりは、こうして運命的に再会したのである。『ダイエット・ラブ』でも10年後の出会いがあったが、この場面はジョニー・トー作品の中でも最も運命的な出会いであろう。互いの回想シーンが入り、途切れることのなかった赤い糸はこうして結ばれていたかに見えた。しかしながらポーランドの小説の台詞で明示された通り、運命の出会いは時として残酷な運命にかき消されていく。突然の夕立の中、電話番号を交換して慌ただしく別れたふたりは、翌朝になって言葉を失う。電話番号を書いたメモが、雨でにじんで読めなくなっていたのだ。21世紀の映画であれば、当然互いの携帯電話を赤外線送信したり、フルフルしたりするのだろうが、ジョニー・トーはこの古典的な運命のラブストーリーの中に、最新の連絡手段を挟むことがない。彼らは携帯電話など持っておらず、家では留守番電話録音機能付きの自宅電話を使用しているのである。互いに手当たり次第に電話をかけるが、ハズレつづき。しかも雨に濡れたせいで、ひどい風邪をこじらせてしまう。たまたま相前後して同じ食堂に電話をかけ、同じ出前を頼んだふたりに、シャオホン(テリー・クワン)が配達に行く。ハンサムなジョンに一目惚れしたシャオホンは、彼が探している女性が隣のイブだと一瞬でピンときたが、知らんぷりを通す。かたやイブは入院先で、昔自分を追い回していた医師のフー(エドマンド・チェン)に出くわす。イブに好きな人がいることを知ったフーは、探偵を雇ってイブの身辺を探る。

 その結果、思いがけないことが判明する。イブが写っている写真のどこかに、必ずジョンが写っていることを。フーとシャオホンは、イブとジョンが振り向いてくれない腹いせに、2人を絶対に会わせまいと同盟を結成し、いやがらせを決意する。ジョニー・トーのご都合主義の脚本も、ここまで来れば天晴れであろう。ジョンとイブが伺い知らないところで、2人の周辺が俄かに慌しくなり、恋敵が現れる。彼らはいつも決まって押しが強く、今作ではジョンとイブの居ない間に2人の部屋に勝手に押しかけ、留守番電話録音機能付きの自宅電話のメッセージの内容を勝手に恋人設定に書き換えてしまう。この恋敵たちの強引さは日本ではストーカーとして絶対に理解されることはないが、香港映画では許されるらしい。ジョニー・トーの映画では決まって、主人公たちにフられてしまった人たちの赤い糸さえも強引に結びつけるのである(ここでは大家さんまで)。クライマックスのあっと驚く強引な展開には、半ば呆れながら笑ってしまった。アナログな手法にこだわってきたジョニー・トーだからこそ、2人が再会するあまりにもドラマチックな場面が必要だったのである。チェン・チュウキョンとトー・フンモの2000年代に入ってからのカメラワークはハイ・アングルを多用しながら、ショット同士を細かくつなぎ、ドラマを盛り上げる。その手法はアクション映画においてもラブ・ストーリーにおいても変わることがない。結果的にこれ以降、金城武の出演作はないものの、管理人の偏愛映画に違いない。

該当の記事は見つかりませんでした。