2016年新作映画ベスト10

2016年新作映画ベスト10
①『ハドソン川の奇跡』(クリント・イーストウッド/アメリカ)
②『キャロル』(トッド・ヘインズ/アメリカ)
③『アンジェリカの微笑み』(マノエル・ド・オリヴェイラ/ポルトガル)
④『ザ・ウォーク』(ロバート・ゼメキス/アメリカ)
⑤『シング・ストリート 未来へのうた』(ジョン・カーニー/アイルランド)
⑥『ディストラクション・ベイビーズ』(真利子哲也/日本)
⑦『母よ、』(マルコ・ベロッキオ/イタリア)
⑧『手紙は憶えている』(アトム・エゴヤン/カナダ)
⑨『ブルックリン』(ジョン・クローリー/アイルランド)
⑩『シン・ゴジラ』(庵野秀明/日本)

---
新作のベスト10については毎年のことながら、小一時間悩んだ。私は基本的にメモ魔ではないが、記憶の海馬を頼りに思い出せるところからピックアップされた作品こそがラインナップに相応しいと言い聞かせた。今年は600本強の新作を観たが、心に響くものは決して多くなかった。劇場で観た回数ならばこの中では圧倒的に②と⑩なのだが、リピートしなかった③や⑧も忘れがたい印象を残す。毎年思うことだが、ベスト30のラインナップならば問題作が多数含まれるが、ベスト10と言われるとこのような布陣にならざるを得ない。とうとうフランス映画が選から消えているものの、ヨーロッパ映画のクオリティには相変わらず厚い信頼を寄せている。今年はその中でも2本のアイルランド映画が突出した印象を残す。2本とも主人公の兄姉が深く印象に残った。国を去る者がいれば、同時に国を守る者もいる。去る者と留まる者の対比が一際印象に残った。残念ながらエドワード・ズウィックの『完全なるチェックメイト』やジャウマ・コレット=セラの『ロスト・バケーション』が選から漏れた。他にも岩井俊二の『リップヴァンウィンクルの花嫁』や黒沢清や新海誠や片渕須直はベスト10から漏れた。なお一般公開前の作品や12月度上映開始の作品は2016年にはカウントしていない。

該当の記事は見つかりませんでした。