【第742回】『トリプルX ネクスト・レベル』(リー・タマホリ/2005)


 アメリカ合衆国ヴァージニア州、緑溢れる牧草地、この地で酪農家を営む男は牛舎の奥に血まみれの死体の山を目撃する。恐怖のあまり絶叫した男の背中をナイフがえぐる。かくしてアメリカ国家安全保障局(NSA)の工作員であるアウグスト・ギボンズ(サミュエル・L・ジャクソン)の秘密基地がハイテク装備の部隊に襲撃され、16人もの優秀なエージェントが殺害される。辛くも難を逃れたギボンズはトビー・シェイヴァース(マイケル・ルーフ)を従えながら、追っ手から命からがら逃れるのだった。国防長官のジョージ・デッカート(ウィレム・デフォー)はアメリカ合衆国大統領ジェームズ・サンフォード(ピーター・ストラウス)に16人殺害の報を即座に知らせる。前作で「Xゲーム」のアスリートであるザンダー・ケイジ(ヴィン・ディーゼル)を救世主に指名したギボンズは、ザンダーの後継となる新「トリプルX」に服役中のかつての部下で、元大尉のダリアス・ストーン(アイス・キューブ)を指名する。母親が早くに死に、父親に育てられたダリアスはやがて海軍に入隊し、ヒットマンとして戦場で名を馳せる。だがレベル5の極秘任務を手掛けた彼をアメリカ国家権力が葬り去る。重罪犯罪軍刑務所の獄中、手錠で繋がれたダリアスの両手、両脇には2人の警備員がつく物々しい体制に自由を奪われた男は、裁判で懲役20年の判決を受ける。失意のどん底に落ちたダリアスの獄中生活9年目に、かつての上司であるアウグスト・ギボンズが顔を出す。

 前作ではチェコに舞台を置き、80年代後半〜90年代前半の冷戦構造を下敷きにしたアメリカvsロシアの代理戦争の構図が物語を駆動させたが、今作で敵となるのはアメリカの権力構造の内部に燻る不穏分子である。国防長官のジョージ・デッカート(ウィレム・デフォー)は大統領を巧みに操りながら、アメリカ国家安全保障局(NSA)に揺さぶりをかける。そこにかつての盟友だったアウグスト・ギボンズやダリアス・ストーンとの因縁めいたやりとりが繰り広げられるのである。しかしシリーズの核となったヴィン・ディーゼルが早々に退場し、アイス・キューブを主演にした今作は、『007』のようなスパイ映画の現代版ではなく、いわゆるB級ブラック・ムーヴィーの趣が強い。主演のダリアス・ストーンを筆頭に、かつての戦友で上司のアウグスト・ギボンズ、9年間ムショに入るダリウスを待ち焦がれたかつての恋人ローラ・ジャクソン(ノーナ・ゲイ)はあのマーヴィン・ゲイの娘をして知られている。自動車窃盗団のボスであるジーク(イグジビット)にも当時の人気ラッパーを配し、トビー・シェイヴァース以外はオール・ブラックで占められた構成が、因縁の敵ジョージ・デッカートで向かって行く展開は70年代の正調ブラックス・プロイテーション・ムーヴィーのような勧善懲悪の世界へと誘う。アメリカ国家権力のゴリゴリの内部構造を暴くリー・タマホリの手腕は前作よりスッキリとして見やすいが、90年代のアクション活劇を見守った層からすれば、遅れて来た二番煎じ感は否めない。

 そもそも『トリプルX』シリーズの一番の旨味は2000年代のアクション映画の新機軸として、エクストリーム・スポーツの要素を加えたことにあった。だがヴィン・ディーゼルとギャラの交渉に揉めたことで、映画は前時代的な活劇への退行を余儀なくされる。室内での戦車vs戦車のゴリゴリの謎過ぎるアクション 笑、クライマックスはさながらジェフ・マーフィー×スティーヴン・セガールの『沈黙シリーズ第3弾 暴走特急』を観ているような不思議な既視感に襲われる。『ワイルドスピード』シリーズへの対抗意識なのか、ヴィン・ディーゼルを起用出来なかったことへの後悔なのか、無理矢理CGで付け足した高速列車と音速車との音速のチェイスは確かに凄いのだが、スタントマン同士が実際にカー・チェイスを命懸けでこなした70年代〜80年代の傑作群には遠く及ばない。主演のアイス・キューブの決定的な線の細さも含め、全体的にB級感否めない今作だが、ただ一つウィレム・デフォーとサミュエル・L・ジャクソンが絡んだ前半のギボンズの自宅の場面とクライマックスの場面だけは役者としての凄みがフレームを支配する名場面である。すっかり悪役が似合うようになったウィレム・デフォーの残虐非道ぶり、今作のサミュエル・L・ジャクソンのステレオタイプな弾けっぶりは『マイティ・ソー』のニック・フューリーや『ジャンゴ 繋がれざる者』の執事スティーヴン、『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のバロンへ見事に受け継がれて行く。

該当の記事は見つかりませんでした。