【第771回】『ジョイ』(デヴィッド・O・ラッセル/2015)


 1960年代ニューヨーク州ハンティントン、しんしんと雪が降るクリスマスの季節、「RUDY'S BUS AND TRACK」と名付けられた修理工場の前、8mmカメラはマンガーノ一家の幸せな光景を映し出す。娘のジョイ・マンガーノには母親違いの姉ペギーと親友のジャッキー、一匹の犬と祖母のミミがいる。小さい頃から物作りが得意だったジョイはレコードの針を興味深そうに見つめている。大きくなったら世界中の人々に素敵な物を作ると将来の夢を語るジョイの姿に、ペギーはどこか白けた様子で応える。「大人になったら王子様を見つける?」という姉の問いかけに対し、王子様はいらない。私には不思議なパワーがあるのと自信満々に答えた10数年後の現在、ジョイ・マンガーノ(ジェニファー・ローレンス)の幸せな家族の姿はどこにもない。母親テリー・マンガーノ(ヴァージニア・マドセン)と修理工場を切り盛りする父親ルディ・マンガーノ(ロバート・デ・ニーロ)の関係はとっくに壊れ、失意のどん底にある母親はベッドから動かず、1日中TVドラマばかり観ている。ジョイはジョン・F・ケネディ国際空港のグランド・スタッフとして働くが、日々の生活は少しも楽にならない。そんな折、父ルディが2年間の蜜月関係を築いた愛人に愛想尽かされ、家に戻る。家長だったルディのみっともない姿に母テリーは嘲笑の言葉を浴びせ、怒り心頭の父は花瓶を叩き割る。父親を落ち着かせたジョイは地下室に父を案内するが、そこには既に元夫でヒモのベネズエラ人であるトニー・ミラン(エドガー・ラミレス)が呑気にAntonio Carlos Jobimの『Águas De Março』を歌っている。

 幼い頃から物作りが好きだった少女の夢は、いつの間にか日々の生活に洗い流される。高校を首席で卒業し、ペース大学で経営学士の博士号を取得した女は好きになってはいけない男を好きになる。ホーム・パーティの席、ジョイの視線は目の前にいるトニーに釘付けになる。「俺は第二のトム・ジョーンズになるから」と口にした男の言葉を間に受けず、左から右に受け流せば良いものを、ジョイは高校の文化祭でヒロインに指名したトニーの誘惑に堕ちる。スポットライトを身体中に浴びる中、慣れないステップで青春を確かめ合うジョイの姿は『世界にひとつのプレイブック』と同工異曲の様相を呈す。しかし女に満ち足りた幸福をもたらす男の登場はもうしばらく待たねばならない。2人の娘に恵まれた夫婦は、「俺は第二のトム・ジョーンズになるから」と言う言葉を何度も口にし、勤労意欲のない夫に「両親のようにはならない」と三行半を突きつける。夢だけで食える時代はとうの昔に破綻し、ジョイは壊れかけた家族を立て直すために身を粉にして働くが、一向に生活は楽にならないばかりか、あろうことか父親であるロバート・デ・ニーロはやもめ専用のデート・サービスに入れ上げる。云うまでもなくデ・ニーロの情けない描写は『世界にひとつのプレイブック』でたかがノミ屋稼業でチーズ・ハンバーグのレストランを建てようとした無謀な父の姿に呼応する。根っからの博打打ちの家長は心底非常識で定型を外れているのだが、クルーザーで溢れた赤ワインを拭いたジョイの体験が彼女に天啓を与える。

 『世界にひとつのプレイブック』から『アメリカン・ハッスル』を経て、今作が実に3度目の共演となった監督デヴィッド・O・ラッセルとすっかりお馴染みになったジェニファー・ローレンス、ブラッドリー・クーパー、ロバート・デ・ニーロという最強トライアングルの共演場面は、別れた夫トニーの紹介から始まる。20世紀FOXのドンであるバリー・ディラーの立身出世物語をなぞる今作の出資会社はまさしくその20世紀FOXであり、ジョイはバリーに24時間ショッピングチャンネル「QVC」の成長を任されたニール・ウォーカー(ブラッドリー・クーパー)と運命の出会いを果たす。数字に見える成果でしか物事を判断しないドライな経営者ニールは、この国は生い立ちや人種で人を判断しないとジョイにプレゼンする。『世界にひとつのプレイブック』同様に、家族の人生の全てをベットした物語は『世界にひとつのプレイブック』とは対照的に最悪の結果をもたらすことになるのだが、JOY=喜びという言葉を持つジョイ・マンガーノの心はそう簡単に折れない。デヴィッド・O・ラッセル作品におけるジェニファー・ローレンスの折れない心は家族の未来に信じられない奇跡を起こす。失意のどん底の中、長かった髪を切り、テキサス州のダラスで海千山千と対峙するジョイの姿は『世界にひとつのプレイブック』でシニアに堂々と対峙し、スコア丸暗記でデ・ニーロをKOしたティファニー同様に圧倒的に逞しい。クライマックスの場面もさすがに『世界にひとつのプレイブック』同様の衝撃はないが、女は自分にシンデレラのドレスを着せてくれた運命の男を思い浮かべ、その面影を抱えながら生きる。DVDスルーになったのはあまりにも勿体ない2015年の佳作である。

該当の記事は見つかりませんでした。