【第835回】『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(ジャン=マルク・ヴァレ/2015)


 早朝のニューヨーク、職場のあるウォール街までの道を妻の運転で向かうデイヴィス・ミッチェル(ジェイク・ギレンホール)の姿。30代半ばで義父が社長を務める会社で順風満帆にエリート・コースを走るデイヴィスにとって、朝の通勤中は愛する妻との貴重な会話の時間のはずだが、2人の間に会話はない。それどころか、沈黙を嫌うかのように妻はスマフォで母親と話している。デイヴィスは外の風景と義母と話す妻の姿を交互に眺めながら、虚ろな表情を浮かべているが、次の瞬間、車のボディに対向車が突き刺さる。まるで『セッション』のような激しい衝突の後、義父のフィル・イーストマン(クリス・クーパー)に呼び起こされたデイヴィスのYシャツには鮮血が飛んでいたが、顔はキレイなままである。血だらけのベッドの上には寝ているはずの妻の姿はない。助手席に座っていた男はエア・バッグとシートベルトのおかげでほとんど無傷だったが、無残にも妻は天国へと旅立った。でもデイヴィスはどういうわけか妻の死が悲しくも何ともない。最愛の妻の死で取り乱すどころか、一歩引いたところで冷静さを保ってしまう主人公の心の内は、西川美和の『永い言い訳』の衣笠幸夫(本木雅弘)を真っ先に連想させる。死因は違うが、ほとんど同じ導入場面を持った物語は同じような構造で進行するかに見えるが、脚本家ブライアン・サイプの物語はその後、奇妙な逸脱を見せる。

 ダン・ギルロイの『ナイトクローラー』同様に、無機質で純粋無垢な痛みを抱えた主人公像をジェイク・ギレンホールが見事に演じ切る。20代でパーティで知り合った妻と結婚し、当然のごとく義父の会社に入り、彼の片腕として金融業界で凌ぎを削ってきた男は、人も羨むような上流階級のエリート・コースを歩き、それなりの人生の体積があるかのように見えるが、これまでの人生は全て結果オーライでたまたま人生のレールに乗っかったに過ぎないのである。子供もいない夫婦2人暮らしの生活は、妻を失ったことで主人公は自分の半生を初めて見つめ直す。デイヴィス・ミッチェルの突発的な暴力衝動は主人公の喪失感をロジカルに繋いだ『永い言い訳』よりも、 デヴィッド・フィンチャーの99年の『ファイト・クラブ』や真利子哲也の2016年の『ディストラクション・ベイビーズ』のどうしようもなく無軌道な男たちの破壊衝動に近い。男はその破壊活動の途中で、まるでポール・トーマス・アンダーソンの『パンチドランク・ラブ』のアダム・サンドラーのように、一方通行に思えたコミュニケーションの先に、自動販売機のお客様相談室のカレン・モルノ(ナオミ・ワッツ)と出会ってしまう。

 弱者を食い物にした『パンチドランク・ラブ』とは打って変わり、ここでは妻を亡くしたデイヴィスの真実の告白(病巣)に、一回り年上の女がスマフォ越しに触れる。思わずダイナーへフライング気味に到着した主人公に、駐車場の薄明かりの中、劣悪なマリファナを吸う女は安全圏から気の毒な男の姿を凝視する。年増女と主人公の滑稽なロマンスは、やがてカレンの息子クリス・モレノ(ジュダ・ルイス)を媒介にする形で、新しい家族像を浮き彫りにする。義父の提案が元で、家にある全ての機械を部品の全てをテーブルに並べるようなシンプルな形に分解しなければならない主人公の欲求に対し、物語構造は複雑さを極める。Heartの『Crazy on You』を悲しい歌と解釈するカレンとは趣を異にするデイヴィスは「FUCK」を連呼するクリスに苦言を呈しながらも、厨二病的なクリスへの共感を隠そうとしない。それは終始、上から目線のマウントを繰り返す義父のフィル・イーストマンとは明らかなレイヤーの違いが浮き彫りになる。防弾チョッキに突発的に浴びる銃弾で生きていることを初めて実感するデイヴィスの思いは、影絵を繰り出しながら、上司の愛人になったカレンの偽りの貞淑な姿をも浮き彫りにする。自身の歩んで来た道のりの全てを否定するようなデイヴィスの心の欠損は、カレンやクリスの欠損部分にも呼応し、トラウマを感じるトライアングルは互いに傷を舐め合う。『ダラス・バイヤーズクラブ』や『わたしに会うまでの1600キロ』のように行き場を失った主人公の再生の物語は、来たるべきラストに集約される。

該当の記事は見つかりませんでした。