【第836回】『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』(デレク・シアンフランス/2012)


 テント小屋に作られた小さな控え室、バタフライ・ナイフをバタつかせる男ルーク(ライアン・ゴズリング)に呼び出しがかかり、男は移動遊園地の喧騒の中に吸い込まれる。ルークの背中をステディカムで追いながら、やがてルークは鉄製の球体の中に収容される。回転すると同時に、遠心力をもろともせずに走り回るハンサム・ルークとハートストローブス。移動遊園地のヒーローになった男は、偶然かつての恋人ロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会する。明日までのNY滞在、今夜を逃せばまた遠くへ行ってしまうルークはロミーナをその言葉で口説くが、女の態度はツレない。家まで送る道中、ロミーナを口説くルークは姑の腕に抱かれた坊やを発見する。「あなたの赤ん坊よ」という言葉に男は一念発起し、突如立派な父親になろうと誓う。深夜営業のダイナー、ウェートレスで糊口を凌ぐロミーナに対し、何かいうことはないかとルークは問うが、女は曖昧に言葉をはぐらかす。それもそのはず、息子と女と母親の3人は、黒人で敬虔なクリスチャンのコフィ(マハーシャラ・アリ)の家で面倒をみてもらっている。まるで『ブルー・バレンタイン』を想起させるような男女の生活設計のズレが2人の温度差を強調する。男の純粋な決断はキリスト教の洗礼に掻き消され、代父と実父の間には絶望的な距離がある。

 導入部分を観て、今作の怒涛の展開には意表を突かれる。開巻1時間近く経って主人公だと思われていた人物はこの世を去り、代わりに彼を葬ったエイブリー・クロス(ブラッドリー・クーパー)が入れ子構造のように立ち現れる。息子を救わなければならないという容疑者の妄執は、正義感で息子を守ろうとする警官の人生とオーバー・ラップし、事態は最悪な結末を迎える。ニューヨーク州スケネクタディの街の半径数十mの物語は登場人物たちをまるで呪われた因果のように結ぶ。州司法長官のエリート一家に生まれたエイブリー・クロスと、出自さえも明らかにならない生い立ちや生き様すら抹消された男の半生は、スケネクタディの数エーカーの物語として運命を運び込む。スコシージの『グッド・フェローズ』以来の悪役となるデルカ(レイ・リオッタ)の存在感が素晴らしい。脚本そのものは多少出来過ぎの匂いがしなくもないが、無情にもあの世へと旅立った主人公の思いを代弁する少年の痛みが胸を打つ。今作では女性たちのキャラクターは後退し、代わりに男たちの父性への思いは極端に前景化する。デレク・シアンフランスならではのディス・コミュニケーションやヒーローと悪役との絶望的な因果は、この小さな街で生きる家族にとっては目を伏せることの出来ない因果となる。今作で共演したライアン・ゴズリングとエヴァ・メンデスはやがて恋仲となり、2人の娘を設ける。2人の蜜月も感じさせる導入部分はしかし、ニコラス・ウィンディング・レフンの『ドライヴ』の二番煎じだと揶揄された。

該当の記事は見つかりませんでした。