管理人より(深夜の部)

遅くなりましたが、先週水曜日の『映画の日 #1』にお越し頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
ほとんど告知していなかったにも関わらず、立ち見も出るほどの盛況ぶりで私自身が一番驚きました。
A型心配性の私は、プロジェクターやマイクのセッティングをしている時は、
もし客が0だったらどうしようという心配ばかりが頭をもたげます 笑。

定刻よりも少し遅く、21時30分からマイクを使って話し始めたのですが、
さすがに最初は一度も見たことがない人たちの前で話すのは凄く緊張しました 笑。
お客様にとっても初対面であり、話し手にとってもそれは同じです。
飛び込みのセールスマンでもない限り、見ず知らずの赤の他人に囲まれた環境で
大の大人が話をする現場にはなかなか出くわさないものです 笑。

DJをやる時はどんなに長くても3時間ほどで、平均1~2時間がほとんどです。
6時間という尺はさすがに長いと実感しましたし 笑、終わった時にはどっと疲れましたが、
初対面の1人1人に励ましの言葉をもらった時は疲れが吹っ飛びました。
わざわざ遠くからお越し頂いた皆様、貴重な時間を割いてまで遊びに来てくれた1人1人に
感謝の気持ちでいっぱいです。改めてありがとうございます。

月並みな感想にはなりますが、
紙に文字を書くこと、パソコンに文字を打ち込むこと、皆さんの前で話すことには
それぞれに大きな隔たりがあり、使う能力や作法はまったく別の回路が必要です。
最前列に座っていた若菜さんとはあの日、あの場所で出会ったのが初めてであり、
私たちは互いのことをまったく知りません。そこで必要なのは映画という共通言語でした。

自分は常に目標を決めてやらないと頑張れない人間です。
読者数が10000人を超えたらワークショップを開こうと夢に描きながら、
自分1人で店側と交渉し、テキスト書き、映像編集、フライヤー作成まで
仕事終わりのグッタリした身体で地道にコツコツと孤独な作業を続けて来ました。
1回目に参加出来なかった人も、是非とも次は応援に来て下さい。

第2回目は「ヌーヴェルヴァーグとその周辺」について、実際の映像を交えながら話をします。
ゴダール、トリュフォー、ロメール、シャブロル、ロジエらの映画を注意深く観れば、
現代映画を撮る際、論じる際に必要なエッセンスがほぼ詰まっています。
1回目を哲学的な共通認識だとすれば、2回目からは実践的な項目だと思って下さい。

2017.06.28.21:00~03:00『映画の日 #2』charge:500yen
@Music Bar LYNCH  栃木県宇都宮市二荒町8-12
design (1)
一応の枠組みとしては、今年度1年(3月まで)を一括りとして
映画の見取り図が見えるまで出来るか出来ないかチャレンジします。
是非とも気軽に遊びに来て下さい。

該当の記事は見つかりませんでした。