管理人より(早朝の部)

フライヤーが刷り上がりました。
既に半分以上配ってしまいましたが 笑、手元に携帯していますので
是非とも貰ってやって下さい。皆様に貰われるうちが花です。3回目にして初めての両面印刷です。
スキャン
やっぱり昨日も配っていて思ったのが、
今回のフライヤーはホラー要素が強すぎたかもしれないと反省しています。
行く先々で「わたし、怖いのダメなんで」と言われてしまいます 笑。
ここだけの話、あまり怖くない映画ばかりですが、100%怖くないとは言い切れません。
そこが難しいところなんですが、結論的には「人による」としか言いようがありません。
ちなみに自分はまったく怖くないです。むしろ即物描写よりも夢遊病描写の方が怖い気さえします。

どうしても怖い映画がダメな人のために、怖い場面の手前でわたしの一時停止が入ります。
耐性のない人は、そこで一旦隣の部屋へ行って下さい 笑。怖い場面が終わったらまた呼びます。

*今月は第四水曜から1日前倒しになりますので、注意して下さい。

2017.07.25.21:00~03:00『映画の日 3』charge:500yen
@Music Bar LYNCH  栃木県宇都宮市二荒町8-12
異形の作家デヴィッド・クローネンバーグ
覚醒する肉体 現実と幻覚の危うい境界線
20170725最終稿
20170725web用仮

今月のFilmarksの人気ユーザー・ランキングで今年6度目の1位になりました。
日頃読んで下さっている方、いいねして下さっている方に改めて感謝・御礼申し上げます。
しばらくイベント用のクローネンバーグ特集が続きますが、
それが終わったら久しぶりに女性読者に向けた特集を考えています。

そしてFilmarksの読者登録数のランキングでも、
Filmarks-Shin-goさんを抜いて遂に1位になりました。
スクリーンショット 2017-07-09 0.24.47
スクリーンショット 2017-07-11 4.25.13
文字通り、日本一の読者数を持つ映画批評サイトになりました。
これからも読者の方に楽しんで頂けるような文章を日々綴っていきます。
イベントも併せて宜しくお願いします。

該当の記事は見つかりませんでした。